ブログ一覧

Amazonギフト券残高の譲渡は不可能!代替案は?

Amazonギフト券の残高は他人に譲渡したりプレゼントとして送る事はできず、登録したアカウントでのお支払いにのみ利用できます。

一度アカウントにチャージたものに関してはもとに戻す事ができないので困っているという方もいるかと思います。

そうしたAmazonギフト券残高が譲渡できない問題に関しての情報をご紹介したいと思います。

残高の譲渡ができないAmazonギフト券の使い方

一度アカウントに登録したAmazonギフト券はアカウント内でのみ利用可能です。

  • アマゾンでの商品の購入
  • アマゾンプライム会員費の支払い
  • Amazon Payでの支払い

ただ、残高を使ってAmazonギフト券の購入はできません。

なのであくまでも自アカウントで消化していくというのが基本的な使い方となります。それぞれ詳細をみてみましょう。

アマゾンでの商品の購入

アマゾン(Amazon.co.jp)のショッピングサイトでは様々な商品が販売されており、その殆どがギフト券残高にてお支払いが可能です。

日常的なお買い物などで購入するものに関してはアマゾンで全て入手出来ると言っても過言ではありません。

食品や雑貨・電化製品だけでなく音楽のMP3ファイルや映画の購入・レンタル、電子書籍などのデジタルコンテンツの支払いにもギフト券残高が使えます。

アマゾンプライム会員費の支払い

アマゾンの有料会員サービス「アマゾンプライム」の会費の支払いにギフト券残高が利用できます。

会費は年間4,900円または月額500円(税込)から選択可能。

支払い方法は意外にも沢山あります。

  • クレジットカード/デビットカード/バンドルカード/Vプリカ
  • 携帯キャリア決済
  • Amazonギフト券払い
  • パートナーポイントプログラム(JCBのOki Dokiポイント)
  • 『Paidy』の翌月払い

Amazon Payでの支払い

アマゾン以外のECサイトにて、アマゾンアカウントを使って購入ができるのがAmazon Pay。

アマゾンアカウントでログインが可能なのでECサイトごとに会員登録する必要がなく、お届け先の住所もアマゾンアカウントに設定されているものが自動的に適用されるのでスムーズなショッピングが可能。

お支払い方法もアカウントに紐付けされているクレジットカードもしくはギフト券残高から選択する事ができます。

Amazonギフト券をアカウントに登録せずに中身の情報を確認する方法はあるのでしょうか? ...

ポイントも同様に譲渡不可能

アマゾンで商品を購入したりキャンペーンなどで貰えるポイント(Amazonポイント)がありますが、こちらもAmazonギフト券同様に第三者に譲渡したりする事はできません。

使い道はアマゾン内での商品の購入の際に使用するという形になります。ギフト券残高と交換する事もできません。

お支払いの最終段階で手持ちのポイントを適用させる項目があるので、その中から使いたい分だけ指定する事ができます。

Amazonポイントを換金して自由に使う事ができたら便利ですよね。 アマゾンでのお買い...

Amazonギフト券残高は現金化もできない

不要なAmazonギフト券があれば買取サイトを利用する事で現金化ができますが、アカウントに登録済みの残高に関しては買取ができないので現金化ができません。

どうしても残高を現金化したい場合は換金性の高い商品をアマゾン内で購入して売却するという方法が残されています。

テレビケーム・家電・パソコン・ブランド商品・腕時計など高額で売れそうな商品を自分で品定めしなければいけないという手間がありますが、その目利きができれば予想以上の利を得る事ができるかもしれません。

即日での現金化を希望する場合は中古買取り店で、買取額を重視する場合はフリマアプリやYahooオークション等で自ら出品してみましょう。

現金化したお金でAmazonギフト券購入して譲渡

何かしらの商品を残高で購入して現金化する事ができれば、そのお金を使ってAmazonギフト券を購入する事ができます。

この方法を実行すれば登録済みのギフト券残高を間接的に誰かに譲渡できるという形にはなります。

ただし買取による現金化なので残高の100%が手に入るという事ではなく、せいぜい60%から高くて85%程度であります。

手に入れた現金でギフト券を購入する際はアマゾンではなくコンビニエンスストアや家電量販店などの店舗にて購入した方がよいです。

※セブンイレブンでは電子マネーnanaco、ミニストップではWAONでの購入もできます。

アマゾンで現金を使ってギフト券購入をする場合はお支払い方法が代引きとなり、代引き手数料が発生してしまうからです。

唯一アマゾンで現金購入ができるものとしてチャージタイプがありますが、このタイプは購入後すぐに自身のアカウントにチャージされてしまいます。そうなると譲渡する事ができないのでプレゼント用には向かないのです。

数あるAmazonギフト券の中から今回はチャージタイプについて解説していきます。 他の...

Amazonギフト券残高の確認方法

ギフト券残高の確認法は簡単です。パソコンからは以下の手順です。

1.「アカウント&リスト」を選択

2.「Amazonギフト券」を選択

スマホからは以下の手順です。

1.「メニュー」から「Amazonギフト券・ギフトアイデア」をタップ

2.「Amazonギフト券」をタップ

3.「残高・利用履歴を確認」をタップ

また、登録したギフト券ごとに有効期限が定められており「有効期限ごとのギフト券残高」から確認する事ができます。

※Amazonギフト券の有効期限はお客様が購入した日(発行日)より10年間です。

プレゼントにおすすめなAmazonギフト券

これから他人にプレゼント(譲渡)する目的でAmazonギフト券を購入する場合にオススメなタイプと、その譲渡方法などを紹介します。

Eメールタイプを譲渡する

Amazonギフト券Eメールタイプ

Eメールタイプはデジタルタイプと呼ばれるAmazonギフト券の1つであり、購入後すぐにEメールにてギフトコードを入手する事ができます。

スマホやパソコンから簡単に注文ができるので、いつでも何処でも手に入ります。

そんなEメールタイプの譲渡方法は、商品購入の際「受取人」の欄に譲渡相手のEメールアドレスを入力して購入すればOKです。

また、「配送」の欄を「テキストメッセージ」にすることで携帯電話のショートメッセージにて送る事もできます。その際は宛先に相手の電話番号を記入しましょう。

Eメールアドレスも携帯電話番号も分からない…という場合は一度、自分宛にギフト券を送ってギフトコードをコピーしてLINEなどのメッセージに貼り付ければ送れます。

Amazonギフト券を購入して買取サイトに売れば買取金額分の現金を手に入れることが出来ます。 ...

Amazonカタログ型ギフト券を譲渡する

Amazonギフト券カタログタイプ

最近新たなAmazonギフト券の種類として「Amazonカタログ型ギフト券」というものが登場しました。

これは、専用のAmazonギフトカードとブックレットが縦14センチの外箱の中に同梱されているものです。

ブックレットにはAmazonギフト券の使い方や用途などが写真などと共に解説されているので、「今までアマゾンを利用した事がない」という方でも気軽にお買い物を楽しんでもらえるようにサポートをしてくれます。

箱の色はネイビーとオレンジの2種類が現在用意されており、蝶結びの熨斗がデフォルトで付属しています。

基本的にアマゾンで商品を購入する際、ギフトラッピングサービスで熨斗を付ける場合は有料となるのですが無料でついてくるのは嬉しいです。

郵送でのお届けとなるので自宅もしくは送る相手の住所を指定するなどしてプレゼント可能です。

郵送を伴う(現物として存在する)アマゾンギフト券は他にも以下のようなものがあります。

  • 商品券タイプ
  • グリーティングカードタイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ
  • マルチパック

Amazonギフト券残高の譲渡は不可能!まとめ

残念ながら登録済みのAmazonギフト券の残高は誰かに譲渡したり他のアカウントで使用したりという事はできません。

どうしてもという場合は残高で何かしらの商品を購入して現金化して、その現金で再びAmazonギフト券を購入するという事で譲渡できなくもないです。

注意点としては残高でAmazonギフト券が購入できない以上、還元率は低めとなってしまうとう点は注意です。

Amazonギフト券にこだわるのでは無ければ相手が喜びそうな商品を購入してあげるという方法が最も理想的な使い方かもしれません。