ブログ一覧

Amazonポイントの使い道&換金する方法

Amazonポイントを換金して自由に使う事ができたら便利ですよね。

アマゾンでのお買い物や定期的に行われているキャンペーンなどで獲得する事ができるAmazonポイントですが、現金化する為に考えられる方法はいくつかありますのでご紹介します。

また、基本的な使い道や有効期限・オトクに貯める方法なども確認していきましょう。

Amazonポイントを換金する方法

Amazonポイントを還元する方法として現状考えられるのは、換金率の高い商品を購入して買取業者にその商品を売却して現金化するという方法です。

主に以下のようなジャンルの商品は買取率が高いと言われています。

~換金性の高い商品の例~

・カメラ
・腕時計
・家電
・ゲーム機
・アクセサリー
・ブランド品

これらの商品は全てアマゾン内で見つけることができるので簡単に手に入れる事ができます。

他にもJCBギフトカードや百貨店などのお買い物券なども換金性が高いですがアマゾンでは販売されていません。

現金化についての違法性などについての情報は以下の記事にて紹介しています。

現金化って違法なの!? これは皆さんにとってとても気になる部分ではないでしょうか? ...

買取は店舗とサイトどちらがオススメ?

購入した商品を買取に出す際には「中古買取専門店」に直接持って行って換金する方法もしくは「インターネットサイト」を使って換金する方法の2種類があります。

買取店にて換金する場合はその場で買取金額を受け取ることができるのが何よりのメリットです。とにかく早めに現金が必要と言う場合には重宝します。

また、商品発送の手間や買取の申し込みなど面倒な手続きが無いので簡単に行えるのも魅力です。

~中古買取り店(リサイクルショップ)の一例~

・トレジャーファクトリー
・ハードオフ
・ブックオフ
・GEO
・コメ兵
・なんぼや
・ソフマップ

インターネットサイトの場合は誰とも顔を合わせる事なく換金が可能という安心感があります。買取金額に納得が行かなかった際にも断りやすいのもネット買取ならでは。

~ネット買取サービスの一例~

・バイセル
・買取王子
・コメ兵
・ブランディア
・2nd STREET

また、メルカリやヤフオク!などのネットサービスにて自分で出品すれば値段を自由に設定できるので相場よりも高く売れる可能性もあります。

ただし、販売手数料や落札手数料が別途発生するので注意しましょう。

ヤフオク・・・10%(プレミアム会員は8.8%)
モバオク・・・無料(会員費は月額300円)
メルカリ・・・10%
ラクマ・・・・3.85%

ここから更に、売上金を指定の口座に振込む際に引き出し手数料が発生する場合があります。

ヤフオク・・・100円(一部銀行は無料)
メルカリ・・・200円
ラクマ・・・・一万円未満は210円、一万円以上は無料

このように色々と考慮しないと最終的に手に入る金額が下がってしまうので、難しい事を考えずに換金したいという方には不向きである事は否めないでしょう。

Amazonポイントの使い道

Amazonポイントを換金するほどでもないという場合は自分で使ってしまいましょう。

使い道はただ1つ「アマゾンでの商品の購入」です。

商品金額に対して不足していても、他の支払方法と併用する事が可能なのでいつでも好きなタイミングで使用可能です。

使い方は商品の購入の際に使いたい分の数字を入力して「適用」を選択。

注文内容の確認

注文内容の項目の「ポイント利用」と表示されてる部分にて確認できます。

注文内容

あとは「商品を購入する」を選択して購入完了です。

ポイントで購入できないもの

Amazonポイントは全ての商品やコンテンツ・サービスに利用できる訳ではありません。

以下のようなものに関しては利用が不可となっています。

  • amazonギフト券の購入
  • Amazonフレッシュの商品の注文
  • 定期おトク便での注文商品
  • Kindle本を除くデジタルコンテンツ商品の購入
  • Prime会員の会費の支払い

ポイントの譲渡や交換は不可

別のアマゾンアカウントにAmazonポイントを移動したり譲渡する事はできません。

自分以外へのプレゼント目的でポイントを利用したい場合は何かしらの商品を購入して、それを贈るようにしましょう。

Amazonポイントの有効期限は1年

Amazonギフト券の有効期限が10年なのに対してAmazonポイントの有効期限は1年間です。

使わずにそのまま放置していると気付いた時には失効しているという事があるので注意しましょう。

ただ、この有効期限は新しくAmazonポイントを獲得した時点で更新され再び1年間有効となります。

つまり、一年以内にAmazonポイントを獲得し続けさえいれば有効期限は半永久的に使用可能というわけです。

Amazonポイントを獲得する機会は度々あるので、アマゾンをよく利用するという方であれば有効期限切れのリスクが低くなります。

amazonギフト券のおつりについて amazonギフト券のおつりについては以前のブログ記事でもご...

Amazonポイント残高・有効期限の確認方法

先程の注文内容を確認する画面でもAmazonポイントの有効期限は確認できますが、更に細かい情報まで把握したいという場合は「マイポイント」をチェックしましょう。

アマゾンのトップページから「アカウント&リストをクリック」して「Amazonポイントの獲得・利用履歴の確認」を選択するとマイポイントへアクセスできます。

アカウントサービス=”314″ />

このマイポイントでは、現時点で保有している「ご利用可能ポイント」と、これから付与される「獲得予定ポイント」が表示されています。

残高確認

特にキャンペーンなどでは付与されるまでに時間を要する場合があるので、そういった際にはこちらのページから確認する事ができるので安心です。

また、「ポイントご利用履歴」にて利用履歴や獲得した際の詳細内容を見ることもできます。

Amazonポイントを貯める方法

では、Amazonポイントはどうやって貯まっていくのでしょうか?

大きくわけて2通りの獲得方法があります。

対象商品の購入

まず1番オーソドックスな方法としては、商品購入時に付与されるものです。

アマゾン以外でも多くのインターネットショッピングサイトにて導入されているシステムなので皆さん馴染みがあると思います。

ただし注意点としては、全ての商品に対してポイントが付与される訳ではなくて「対象商品」を購入した時のみ獲得できるという事です。

どういったものが対象商品なのかという明確な決まりは無いので自ら探していく必要があります。

商品ページの値段が表示している欄に「ポイント:○○Pt(○%)」と表示されているのが対象商品となります。

ポイント対象商品

獲得できる率も商品毎に設定されていますが、基本的には1パーセント程度のものが多い印象です。

キャンペーンで獲得

アマゾンが定期的に開催しているキャンペーンによってポイントがもらえます。

特にサイバーマンデーやブラックフライデーなどの大型セールの開催に合わせて行われる事が多く、セール開催前からアマゾントップページにて告知がされるので分かりやすいです。

キャンペーンに参加することで、普段より高い還元率で商品の購入ができるので利用しない手はありません。

Amazonギフト券購入でポイント獲得

基本的にはamazonギフト券を購入してもポイントは獲得できませんが、ある特定の場合においてのみ付与されます。

1つ目が「チャージタイプのamazonギフト券を現金払いで購入した際」です。現金払いとは「コンビニ払い・銀行ATM・インターネットバンキング」のいずれかの方法で支払いを行う事です。

購入金額に応じてポイントの付与率が上がります。

2つ目が「クレジットカードでチャージタイプを購入した際」です。現金払いほどではありませんが、それでも購入額の0.5%の還元が受けられます。

ただし、このキャンペーンはプライム会員限定となっております。

利用する際にはキャンペーンページから「キャンペーンにエントリーする」をクリックした上で行います。

20歳以上のクレジットカード保有率が8割を超えるこの時代、カードを無くしたりカード情報を盗まれて他人...

Amazonポイントの使い道&換金する方法まとめ

普段あまり意識する機会の少ないAmazonポイントという存在ですが、それ故に気付いた時には結構な額が貯まっていたという事もあるかと思います。

1ポイント=1円分としてアマゾンでのお買い物の際に使用する事ができるので是非とも活用していきましょう。

仮に、貯まったポイントを換金して現金化したいと考えた時には換金性の高い商品を購入して売却もしくは出品しましょう。

その際には高く売れそうな商品の見極めと、高く買取を行える店舗選びも重要な要素となってくるでしょう。