ブログ一覧

Amazonギフト券買取の優良店と悪徳業者の見分け方

Amazonギフト券買取サイトには優良店と悪徳業者が存在します。

しっかりとした見分け方ができないと損をしてしまうばかりではなく、あらゆる面で利用者に不利益となる可能性があります。

そこで本日はAmazonギフト券買取業者の優良店と悪徳業者の見分け方について色々と検証していきたいと思います。

Amazonギフト券買取の優良店の特徴

はなまる

一般的に「優良店」と言われているAmazonギフト券業者の特徴とは一体どのようなものなのでしょうか。

買取率がわかりやすい

ホームページ上に表記されている「買取率」がひと目で理解しやすいという点は注目です。

紛らわしい表現をせずに常に利用者目線に立った表記となっているというのは優良店としての基準でもあります。

振込スピードが早い

せっかく申込みをしたのに2日も3日も待たされてしまうと利便性が損なわれます。

優良店では常に迅速な買取を行っており、即日でのお振込ができるうな体制を整えています。

24時間営業かどうか

先ほどの振込スピードの件にも関わってきますが、即日での換金の為には買取スタッフが24時間常に業務を行っている必要があります。

サイトではない「買取店舗」の場合は夜間は営業していませんので、そこで買取サイトの優位性が確立されています。

多くの方は日中は仕事中という事もありますので、時間に余裕がもてる夜中以降でも買取を実施してくれるのは非常に助かります。

また、土日や祝日でも変わらず営業していれば優良店の中でも更に利便性が高いです。

手数料が無料

買取金額を振り込む際に「振込手数料」が引かれないというのも優良店の条件の1つです。

同一の銀行口座間での振り込みに関しては手数料が発生しないので、予め複数の振り込み用口座をとして用意しているというのが優良店には多いです。

更に今ではどの銀行口座へも振込手数料は発生しない(買取店が負担する)というサービスをしている所もありますので、メガバンクやネットバンク以外の口座を利用したい方はそういった買取店を選ぶのが良いでしょう。

優良店と悪徳業者の見分け方は?

丸とバツ

間違いの無い優良買取サイト選びをする為には、いかにして悪徳サイトを見極めるかが重要なポイントとなってきます。

そこで、「こんな買取サイトは要注意」という要素をいくつかピックアップして紹介したいと思います。

サイトに記載されている買取率が高すぎる

沢山のAmazonギフト券買取サイトがある中で、少しでも多くのお客さんの目を引こうとしてホームページ上に異常に高い買取率を掲載するという業者が存在します。

しかし実際にはそのような高額での買取は行っていないというのが実情です。

電子ギフト券の買取額には相場というものがあり、日々変動する中でそれぞれの買取サイトが数%単位で取引を行っていきます。

そんな中で1つの業者だけが飛び抜けて高い買取率を提示するという事は無いに等しいのです。

高すぎる買取率を掲載するという行為は賃貸不動産業界における「おとり物件」と同じようなもので始めから存在しない「嘘」の情報なのですが、法律上の違法性がない為に今なお蔓延している手法ではあります。

そのような誤った買取率を見極めるには、他の買取サイトなどの情報と合わせて「平均値」を計る事です。

ホームページに電話番号や会社概要の記載がない

ネット買取であっても、やはりメールだけでのやり取りでは限界があったり何かしらのトラブルが発生する場合があります。

そうした緊急の場合に直接電話でのやり取りできないと、お客様は不安だと思います。

お金のやり取りが行うサービスですから、誠意もった業務を行う為には電話は必要不可欠なものであり窓口としてホームページ上に掲載してあるのが望ましいです。

とは言え電話番号の記載がない業者は非常に稀です。

そこで、ホームページに会社概要がしっかり記載されているかどうかを次なる判断材料として見ていきます。

悪徳業者の場合は会社概要の記載方法が非常に適当だったりする事が多いです。

例えば会社概要欄だけ「画像」で貼ってあったり、所在地の「番地の記載が最後までない」など見れば一目瞭然です。

しっかり表記をしないという事は何かを隠そうとしている証拠であり、「悪徳業者なのでは?」と疑わざるを得ません。

番号が携帯電話やIP電話

会社の窓口であるお問合せ先の番号や携帯番号や050から始まるIP電話にあえてするというメリットは殆どありません。

むしろ固定電話がないと法人口座が作成できない、銀行融資やローンを受けられないなどの問題が起きる可能性があるので、企業にとって固定電話は単なる連絡手段としてだけではなく「社会的信用の証」でもあるのです。

会社の連絡先が固定電話以外だと利用者からは「固定電話が引けない事情がある会社なのだろうか?」という疑いの目をかけられてしまいかねません。

レンタルオフィスや名義だけのバーチャルオフィスを借りて別の場所で業務を行うという場合は当然固定電話が引けませんし、自宅マンションやアパートで作業をしている場合は住所の特定をされないように携帯電話のみというのも考えられます。

コスト削減という大義名分で固定電話を廃止するという論調も将来的には増えてくるかもしれませんが、まだまだ遠い先の話でしょう。

そもそも固定電話を引く為のコストすらカットしなければならない業者にAmazonギフト券という金券を安心して預けられるのかという点でも利用者にとって印象は良くないですよね。

ホームページの作りがチープ

シンプルイズベスト!なんて言葉がありますが、「シンプルで見やすい、分かりやすい」と「チープ」なのは違います。

例えばホームページ上で使っている画像が荒かったり、説明文不足や誤字脱字も多数なんてサイトは見るからに心配ですよね。

そして最も利用者が気になる買取率の表記が紛らわしかったり、注釈(※)が多すぎて複雑になっているという事もあります。

それらを見落としてしまった為に最終的な買取率が思ったよりも低かった…なんて事態もおこりかねません。

似たような例で身近な所で言うと携帯電話の料金プランなどが挙げられます。

こういった場合は目先の数字だけに惑わされないことが重要と言えるでしょう。

優良店と比較サイトの関連性

Amazonギフト券の買取について検索をしてみると、沢山の買取業者を比較してランク付けされたサイトが出てきます。

これらのいわゆる「比較サイト」に掲載されている買取サイトは全て優良店とみなしても良いのでしょうか?

まず、比較サイトに掲載されているランキングはそれぞれのサイトごとの基準でつけられているので100%確実性・信憑性があるものではないという事です。

とはいえ、一貫して言えるのは「悪徳業者は掲載される可能性は低い」という事です。

理由としては簡単で、質の悪い買取サイトをオススメ業者として掲載してしまったら比較サイト自身の低評価に繋がりかねません。

ある程度の調査を行った上で「優良だ」と判断した買取サイトを掲載しているので、ある程度の安全性の裏付けがある業者がランクインされるという仕組みになっています。

比較サイトやランキングサイト、口コミなどの第三者の評価などを総合した上で最終的に自分の判断で選択する事で失敗のリスクは最小限に抑えられるでしょう。

クレカ現金化業者には優良店はない?

クレジットカード一枚あるだけで、そのショッピング枠を使って現金化が出来る「クレジットカード現金化業者」というものがあります。

過去をみればAmazonギフト券の買取サイトよりも歴史が古く、認知度も高い現金化の方法と言えます。

そういった業者を利用する場合に考えておきたいのがリスクです。

Amazonギフト券の買取サイトの利用に比べて、クレジットカードの現金化の方がカード会社にバレる可能性が高いです。

その場合にはカードの停止・解約などのペナルティを受ける場合があります。

いくらクレジットカード現金化業者が優良店であっても、カード会社からの制裁を受けてしまっては元も子もありません。

出来るだけ安全にクレジットカードの現金化を考えている方はAmazonギフト券を購入した上で、ギフト券買取サイトを利用するのがおすすめです。

Amazonギフト券買取は「ギフトチェンジ」へ

ギフトチェンジ

不要なAmazonギフト券があればギフト券買取サイト「ギフトチェンジ」へお申し込み下さい。

年中無休の24時間営業なので好きな時間に現金化可能です。

ホームページからお申し込みフォームに必要事項を入力するだけ、お手持ちのスマホやパソコンから数分で完了します。

優良店を利用したいけど、沢山あってどれを選んだら良いか分からない…という方は安心の老舗サイトを選びましょう。

買取業者の優良店と悪徳業者の見分け方まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外とちょっとしたところに目配りしてみるだけで、悪質な被害に遭わなくて済むものです。

当ギフトチェンジは業界発展の為にも、多くの方が悪徳業者の被害に合わないように今後もこうした業者を見極める情報を公開していきます。

Amazonギフト券買取サイト選びで迷っているのではあれば、当ギフトチェンジで間違い事をお約束致します!

お客様の利益を第一に考えサービスを提供させて頂きますので、Amazonギフト券をお売りの際は是非当店で!