記事一覧


Appleギフトカードを現金化するとバレる?バレない根拠3つを徹底解説!

2024-05-03 記事一覧
Appleギフトカードを現金化するとバレる?バレない根拠3つを徹底解説!

「Appleギフトカードを現金化しようかな…」
「でも、現金化がバレたらどうしよう…」

こうしたお悩みを抱える人は多いのではないでしょうか?

結論、Appleギフトカードの現金化がバレるリスクはほぼ0%です。

とはいえ、注意して現金化をしないとバレる可能性もあります。

そこで本記事では、下記の内容を解説します。

「Appleギフトカードをバレずに現金化したいな…」という方は、ギフトカード買取業者である「ギフトチェンジ」にご相談ください。

ギフトチェンジの公式LINEアカウントのお友だち登録をした状態でLINEからお申込みいただくと、いつでも0.5%UPで買い取らせていただきます!

▼24時間年中無休で営業しておりますので、お気軽にご相談ください。

ギフトチェンジお申込み

もくじ

Appleギフトカードの現金化がバレるリスクは0%!

結論、Appleギフトカードの現金化がバレるリスクは0%です。

具体的な根拠は、下記の通りです。

それでは、くわしく解説します。

買った時点で購入者のものになる

Appleギフトカードは購入した瞬間に、購入者の所有物となります。

Apple公式サイトでも下記のように謳っています。

物理的なギフトカードおよびコードについて、その危険負担および所有権は購入時に購入者に移転します。

引用:Apple Gift Cardおよびコード、Appleアカウント残高、およびコンテンツコード利用規約

つまり、「購入したあとは、あなたのものだから好きに使ってくださいね」ということになります。

購入したAppleギフトカードは、日用品を購入するのに使おうが、友人にプレゼントしようが、所有者の自由。

そのためAppleギフトカード現金化も購入者の裁量に委ねられていることになります。

購入後の利用方法の追跡は困難

クレジットカード会社がAppleギフトカードの使用履歴を追跡するのは難しいです。

クレジットカード会社は、誰がいくらのAppleギフトカードを購入したかなどの情報はわかります。

ただし、「購入後、どのようにAppleギフトカードを使用したか」を特定することはほぼ不可能です。

つまり、購入後にAppleギフトカードを現金化したとしても、クレジットカード会社にバレることはありません。

購入者しかコード番号は分からない

Appleギフトカードのコード番号(PINコード)は、購入者以外には分かりません。

なぜなら、コード番号(PINコード)は、ギフトカード購入者のみ伝えられる情報だからです。

たとえば、クレジットカードを利用してAppleギフトカードを購入したとしましょう。

クレジットカード会社は、購入後「どのようにコード番号(PINコード)利用されたか」を把握することはできません。

したがって、自分が漏らさない限り、クレジットカード会社に現金化がバレることはありません。

Appleギフトカードの現金化は違法ではない

Appleギフトカードを現金化する行為自体に違法性はありません。

ギフトカードの現金化は、金券ショップや買取サイトなどで行われています。

法律的に禁止されているわけではないため、安心して利用できます。

ただし、悪質な業者も存在するため信頼できる業者を選びましょう。

また利益を出すことを目的に転売するのは「古物商許可」がないと違法になります。

「古物営業」を営もうとする者は、都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)の許可を受けなければならない。
引用:古物営業法 第3条

お金が足りないからといって、頻繁にギフトカードの現金化をしていると「利益目的?」と疑われる可能性があります。

そのためギフトカードを現金化する頻度は、控えめにしておきましょう。

Appleギフトカードの現金化がバレるケース7つ

本章では、Appleギフトカードの現金化がバレるケースを解説します。

それらを知っておくことで、現金化がバレるリスクを避けることができるでしょう。

現金化がバレるケースは、以下の7つです。

それでは、くわしく解説します。

高額のAppleギフトカードを購入

高額のAppleギフトカードを一度に購入すると、不正利用の疑いを持たれやすくなります。

たとえば、普段はそんな使い方をしないのに「20万円分のAppleギフトカード」をクレジットカードで購入したケース。

このような場合、クレジットカード会社が”カードの不正利用”を疑い、調査の対象になることもあります。
この不正利用の調査は、長いと2か月ほどかかることもありますので、注意しましょう。

購入頻度が高い

短期間に何度もAppleギフトカードを購入する行為は、クレジットカード会社から現金化を疑われる可能性があります。

普段の生活費であれば、そう頻繁にギフトカードを購入する必要はないですよね。

お金が足りなくなる月末にいつもAppleギフトカードを購入していると、「現金化しているのでは?」と目を付けられてしまうのです。

そのためAppleギフトカードの購入頻度は、ほどほどにしておくことをおすすめします。

自分からバラしてしまう

自分からAppleギフトカードの現金化を話してしまうケースにも注意しましょう。

クレジットカード会社から確認の電話があった際に「実は現金化しようと思いまして…」とうっかり話してしまうケース。

これを言ってしまうと言い逃れはできません。

このようなケースでも、冷静に「現金化の意思はない」と伝えましょう。

また、x(旧ツイッター)などでギフトカードを現金化したことを発信するのも危険。

いくら匿名のアカウントであろうと、情報が拡散して特定される危険性があります。

悪質なサイトから購入した

悪質な買取サイトからAppleギフトカードを購入すると、現金化がバレることがあります。
悪質な買取サイトは、相場より高い換金率でお客をおびき寄せ、実際は低い換金率で買い取るなどの手口を使います。

このような悪質な買取サイトの手口により、警察沙汰のトラブルに発展することがあります。

トラブルが起こると、Appleギフトカードをどこで誰が購入したかなどの調査が入ります。

この調査で現金化をしたことがバレることがあるため、注意しましょう。

久々にクレジットカードを利用した

久々にクレジットカードを利用すると、現金化を疑われる可能性があります。

たとえば、何年も使っていなかったカードで突然10万円分のギフトカードを購入するケース。

普段使っていないからこそ、クレジットカード会社は「おや?」と目に留まってしまいます。
さらに、あまりにも不自然だとクレジットカード会社による調査が入ります。

この調査の結果、現金化がバレる可能性があるのです。

支払いを滞納した

クレジットカードの支払いを滞納している場合、現金化を疑われる可能性があります。

支払いの滞納が続くと、カード会社は顧客の信用度を見直し、カードの利用限度額を下げたりします。

くわえて利用履歴の調査もされるため、Appleギフトカードの現金化がバレる原因になるのです。
滞納による信用情報の悪化は、新たなクレジットカードを作ったり、住宅ローンの申請にも悪影響があります。

普段からしっかり計画をたてて、クレジットカードの支払いをすることが大切です。

キャッシング限度額まで借りている

クレジットカードのキャッシング限度額いっぱいまで借りている場合、現金化がバレる原因となります。

このような状況でAppleギフトカードを購入しようすると、「お金に困って現金化しようとしているのでは?」と疑われます。

なぜなら、限度額いっぱいまでキャッシングを利用している人は、「お金の管理能力に問題がある」とみなされるからです。

そのためキャッシング枠は、計画的に利用することをおすすめします。

Appleギフトカードの現金化がバレるとどうなる?

Appleギフトカードの現金化が発覚した場合、どうなってしまうのか不安ですよね…。

本章では、現金化がバレるとどのようなことが起きるのかを解説していきます。

現金化がバレると起きることは、以下の5つです。

それでは、くわしく解説します。

クレジットカード会社から電話がくる

クレジットカード会社が不審な取引を確認すると、カードの持ち主に電話がかかってきます。

たとえば、「毎月Appleギフトカードの購入をしている」「高額なAppleギフトカードを購入した」などのケース。

このような場合、クレジットカード会社はまず「不正利用されていないか」を確認するために電話をかけてきます。

しかし、バレないだろうとAppleギフトカードの現金化を繰り返していると、不正利用ではなく、「現金化」を疑われます。

再度、クレジットカード会社から電話がきた場合、「現金化をしているのでは?」という疑惑を持たれていると意識して受け答えしましょう。

クレジットカードが利用停止になる

現金化がバレるとクレジットカードが一時的に利用停止になることがあります。

これは、クレジットカード会社がこれ以上現金化をさせない”ための措置といえます。

電気代やスマホ代などの定期的な出費をクレジットカード払いにしている場合、利用停止になるとめんどうですよね…。

はやく利用を再開するには、現金化目的ではないことを説明する必要があります。

分割払いができなくなる

Appleギフトカードの現金化がバレると、クレジットカードでの分割払いができなくなる可能性があります。
「分割払いだから大丈夫!」と高額なAppleギフトカードを購入してしまうと、現金化がバレたときは大変。

一括で支払わないといけなくなります。

またクレジットカードからの信用も落ちてしまうため、通常の買い物でさえ一括払いを余儀なくされます。

現金化をする方はお金に困っている状態であるため、一括払いにされると首が回らなくなってしまいますよね。

破産手続きができない可能性がある

Appleギフトカードの現金化が原因で、自己破産手続きに影響が出ることがあります。

自己破産とは?

借金を返済できなくなったときに、裁判所に申立てを行い、借金の返済を免除してもらえる制度。
※利用するには一定の条件があります。

Appleギフトカードをクレジットカードで購入して現金化すると、破産法第252条第1項2号の「不当債務負担行為」に該当する可能性があります。

「どうせ自己破産で借金はゼロになるし、今のうちにAppleギフトカードをたくさん買って現金化しておこう…」

このような考えでAppleギフトカードを現金化するのは、かなり悪質。

そのため、裁判所が自己破産の許可を出してくれない可能性があります。

自己破産を検討している人は、自身で返済できないほどの借金がありますよね。

最後の手段である自己破産ができるように、Appleギフトカードの現金化には注意しましょう

信用情報が傷つくわけではない

クレジットカードでAppleギフトカードを現金化したことがバレても、信用情報に直接影響を与えるわけではありません。
信用情報機関は、クレジットカードの支払い履歴やローンの返済状況などを記録しています。

つまり、「Appleギフトカードを現金化した」という情報は記載されません。

そのため、カードローンなどのローン審査に影響はないので、安心してくださいね。

Appleギフトカードの現金化がバレたときの対処法

Appleギフトカードの現金化がバレたとき、どう対処すればよいのかわからないですよね。

ここでは、以下のAppleギフトカードの現金化がバレたときの対処法を解説します。

それでは、くわしく解説します。

クレジットカード会社に現金化目的でないことを伝える

クレジットカード会社から電話がきたら、現金化を目的としていなかったことを説明しましょう。

誤解を解くことができれば、問題が解決することもあります。

クレジットカード会社は現金化が疑われるケースでも、顧客の説明を聞いたうえで判断してくれます。

そのため説明の際は、購入した理由や背景を正直に伝えましょう。

大切なのは、「現金化目的で購入したのではない!」としっかり説明することです。

ただし、クレジットカード会社からは具体的に質問されることもあるため、注意が必要です。

どんな質問がきても説明できるように準備しておきましょう。

購入した商品の領収書を手元に置いておく

Appleギフトカードの購入時の領収書を手元に保管しておくことが重要です。

クレジットカードの現金化を疑われている場合、クレジットカード会社から電話があります。

この電話の際に、購入した商品についてきちんと説明できないと怪しまれます。

領収書を手元に置いておき、購入日時や場所、金額などをスムーズに説明できるようにすることが大切です。

もし領収書を紛失してしまった場合は、購入した店舗に連絡を取り、再発行を依頼すること視野にいれましょう。

クレジットカード会社に今後は現金化しないと約束する

クレジットカード会社に対して、今後はギフトカードを現金化しないと約束することも重要です。

理由はどうであれ、現金化してしまったことを謝罪することが大切です。

そして、今後は現金化を疑われるような行動をしないことを約束しましょう。

クレジットカード会社に信用してもらうためにも、誠実な対応を心がけることが大切です。

Appleギフトカードの現金化がバレないための対策

本章では、以下のAppleギフトカードの現金化がバレないための対策を解説します。

それでは、くわしく解説します。

購入頻度・購入金額に注意する

Appleギフトカードの購入は、頻度と金額を慎重に選ぶことが重要です。

頻繁に大量購入をすると、クレジットカード会社から「不自然な行動」と見なされることがあります。

月に一度の購入や、必要最低限の金額に抑えることが大切です。

どうしても購入頻度や金額を上げたい場合、複数のクレジットカードを使いましょう。

複数のクレジットカードで購入すれば、購入金額・頻度を分散できます。

そうすることでクレジットカード会社から疑惑を持たれにくくなります。

クレジットカードは普段から利用する

普段からクレジットカードを使うことで、現金化がバレるリスクを下げることができます。

普段使っていないのに急にカードが利用されると、クレジットカード会社は”不正利用”を懸念します。
そしてクレジットカード会社が確認の電話したときに、現金化がバレてしまうのです。

そのため、クレジットカードを普段から利用しておくことをおすすめします。

またクレジットカードが複数ある場合は、よく使うクレジットカードで購入しましょう。

普段から商品の購入に使っているカードなら、Appleギフトカード購入も自然な流れとして認識されるでしょう。

悪質なサイトで購入しない

悪質な買取サイトでの換金をさけることは、安全にAppleギフトカードを現金化するうえで大切です。

悪質な買取サイトでは、「手数料を高くとる」「コードを送ったのに返信がこない」などのトラブルが起こります。

このようなトラブルにより、警察が介入し調査が入ったときに”現金化”がバレてしまうのです。

そのため悪質な買取サイトかどうかを見分けることが大切。

悪質な買取サイトではないか事前に確認する方法として、サイトのレビューや評価をチェックすることが有効です。

また悪質な買取サイトには、下記の特徴があります。

悪質なサイトの特徴
  • 還元率が相場より異常に高い
  • 古物商許可を得ていない
  • 受付電話番号が携帯番号
  • 身分証による本人確認をされない

上記の特徴を持つサイトでは、Appleギフトカードの換金はやめておきましょう!

現金化したことを誰にも言わない

Appleギフトカードを現金化したことは、誰にも言わないようにしましょう。

とくにクレジットカード会社から連絡があっても、「現金化した」とは口が裂けても言わないことが大切です。
最近では、X(旧ツイッター)で情報が拡散されて身元が特定される事案も発生しています。

そのため「匿名だから大丈夫」という安易な気持ちでSNSで発信するのはやめておきましょう。

拡散されてクレジットカード会社に伝わる可能性があります。

キャッシング限度額まで借り入れしない

クレジットカードのキャッシング限度額いっぱいまで借り入れしないようにしましょう。

限度額ギリギリの借入れは、クレジットカード会社から疑われる可能性があります。
「知らず知らずのうちにキャッシング枠を使いすぎていた…」

とならないように、しっかりとキャッシング枠を把握しておきましょう。

利用可能なキャッシング枠の一部だけを使用し、余裕を持った支払いをすることが大切です。

一括払いで支払う

クレジットカードでの支払いは、一括払いを心がけましょう。

頻繁に分割払いやリボルビング払いを利用する方は、「頻繁にお金に困っているな…」と目を付けられることになります。

また分割払いやリボルビング払いは毎月返済があるため、支払いが遅れると確認の電話がかかってきます。

一括払いであれば、取引は一度きりとなり、その後の金銭的な動きもありません。
つまり一括払いのほうが監視されるリスクが低いといえます。

Appleギフトカードを購入する時は、一括払いで支払いましょう。

Appleギフトカード│クレジットカードでの購入方法

クレジットカードを使用してAppleギフトカードを購入する手順は簡単です。

購入する店舗によって違いがありますが、基本的には支払い方法をクレジットカードを選択するだけです。

今回は、App Storeにてクレジットカードを利用する手順をご紹介します。

App Storeでの手順
    1. 設定アプリを開く
    2. 一番上の「アカウント」をタップ
    3. 「支払いと配送先」をタップ
    4. 「お支払い方法を追加」とタップ
    5. 「クレジットカード/デビットカード」を選択
    6. 有効期限・番号など入力
    7. 入力が終わったら「完了」をタップ

以上の手順でクレジットカードが登録されます。

この状態でApp StoreでAppleギフトカードの支払いに進むと、クレジットカード支払いが可能となります。

Appleギフトカードを現金化に関するよくある質問

Appleギフトカードを現金化したらバレますか?

Appleギフトカードの現金化がバレることは、ほぼありません。

なぜなら、誰が購入し、どのように使用されたかを追跡することが困難だからです。

Appleギフトカードを現金に戻す方法はありますか?

Appleギフトカードを現金に戻したい場合、買取サイトを利用しましょう。

基本的には、Appleギフトカードは返品はできません。

そのため、なるべく換金率の高い買取サイトで買い取ってもらうことをおすすめします。

Appleギフトカードを現金化することは違法ですか?

Appleギフトカードを現金化することは違法ではありません。

不要になったギフト券を金券ショップで売ることはよくあること。

もちろんこのような金券ショップや買取サイトが存在しているのは、法律で規制されていないからです。

しかし、悪質な買取業者も存在するので、注意しましょう。

バレずに現金化したいなら「ギフトチェンジ」がおすすめ

悪質な業者を選んでしまうとトラブルに巻き込まれ、現金化がバレるリスクが高まります。

古物商許可を受けている「ギフトチェンジ」なら、安心してお取引していただけます。

ギフトチェンジはAppleギフトカードの現金化を高額で行える買取サイトです。

換金率(初回) 換金率(2回目以降)
92.5% 91.5%

※2024年4月26日の情報です。還元率は変更となる場合がありますので、ご注意ください。

独自の販売ルートと業界トップクラスの大量買取によって圧倒的に高い買取率を実現しています。

その秘密は「常に他社との買取レートを比較した上で買取率が調整されている」ということ。

また「ギフトチェンジ」のおすすめポイントは、以下のとおりです。

ギフトチェンジのおすすめポイント
・古物商許可を受けている
・業界最高レベルの買取率
・24時間スタッフ対応で安心
・即日現金化可能

また他店より「1円でも高くAppleギフトカードの現金化をしたい」「すぐに現金がほしい」という方には、おすすめです。

LINEからのお申込みも可能ですので、お気軽にご相談ください。

ギフトチェンジお申込み

Appleギフトカード買取店舗の選び方

Appleギフトカードの買取は、実店舗とオンラインの2種類あります。
オンラインなら自宅で手続きができるので、おすすめな方法です。

「でもオンラインだと不安だし、実店舗で買取してほしいな…」
「いろんな買取店舗があってどれを選べばいいかわからない」

このように不安に思う方もおられるでしょう。

そこで以下の「Appleギフトカード買取店舗の選び方のポイント」をご紹介します。

  • 古物商許可を確認する
  • 口コミ・レビューを確認する
  • アフターサービスがあるか確認する
  • 買取価格を確認する

上記のポイントに注意して買取店舗を選べば、トラブルなくスムーズに取引ができるでしょう。

古物商許可を確認する
古物商許可を受けている業者を選びましょう。
利益を出すことを目的に中古品を転売するのは、「古物商許可」がないと違法になります。
そのため、店舗のホームページで古物商許可を受けているかを確認することが大切です。

 

口コミ・レビューを確認する
買取店舗の口コミ・レビューを確認することが大切です。
買取店舗のホームページに載っている口コミではなく、掲示板などの第三者が評価しているものを参考にするとよいでしょう。
そのほうが忖度のないリアルな口コミを知ることができます。

 

アフターサービスがあるか確認する
アフターサービスがあるかを確認することが大切です。
買取をした後に「個人情報が漏れた」「やっぱり買取金額に納得がいかない」などのトラブルになることもあります。
取引後のトラブルに対応している業者は、顧客満足度をあげたいという気持ちの表れです。
だからこそアフターサービスがある業者は、優良であるといえるでしょう。

 

買取価格を確認する
Appleギフトカードの買取価格を確認しましょう。
高い換金率と聞いていたのに、実際は手数料が高くて買取価格が下がるケースもあります。
そのため、事前に正確な買取価格を確認することが大切です。

以上のポイントに注意してAppleギフトカード買取店舗を選んでみてくださいね。