記事一覧


アップルギフトカードの使い道がない?何に使えるかを徹底解説!

2024-07-10 記事一覧
アップルギフトカードの使い道がない?何に使えるかを徹底解説!

「アップルギフトカードの使い道がないな・・・」

こうした悩みを持つ方は多いのではないでしょうか?

アップルギフトカードとは、主にApple製品の購入などに使えるギフトカードです。

しかし、他にもたくさんの使い道があります。

そこで本記事では、以下のアップルギフトカードの使い道を解説します。

上記の使い道を知ったうえで、「やっぱり使いどころがない・・・」と感じる方もおられるでしょう。

そんな方は、ギフトカード買取業者である「ギフトチェンジ」にご相談ください。

「ギフトチェンジ」は、独自の販売ルートによって、業界トップ級の買取率「95.5%」(2024年7月時点)を実現しています。

▼24時間年中無休で営業しております。お気軽にご相談ください。
ギフトチェンジお申込み

アップルギフトカードの使い道

本章では、アップルギフトカードの使い道をご紹介します。

アップルギフトカードの使い道は、以下11個あります。

それでは、詳しく解説します。

Apple StoreでApple製品購入

Apple StoreでAppleギフトカードを使い、Apple製品を購入できます。

Apple Storeは「実店舗」と「オンライン」がありますが、その両方でアップルギフトカードが使えます。

たとえば、Apple Storeでは、iPhoneやMacBook、iPadなどの人気のApple製品が販売しています。

アップルギフトカードを利用すれば、現金を持ち歩く必要がありません。

ただし、Apple製品の中には高額なものがあるため、ギフトカードだけでは足りないケースに注意です。

その場合は、不足分をクレジットカードや現金で支払えます。
(Apple Storeのオンラインでは、不足分を現金で支払えません)

Apple Storeで購入する際は、クレジットカードと現金の準備を忘れずに行いましょう。

参照:Apple公式|Apple Store

App Storeでアプリ・ゲーム購入

アップルギフトカードは、App Storeでのアプリやゲームの購入に使えます。

App Storeでは、iPhoneやiPadなどのAppleデバイスで利用できるアプリやゲームを販売しています。

仕事効率化のためのアプリや、学習用アプリ、流行りのスマホゲームなど、幅広い選択肢があります。

アップルギフトカードを使えば、このようなアプリやゲームをクレジットカードを使わず、購入できます。

ただし、アップルギフトカードを使うにはアカウントにチャージする必要があります。

チャージの方法は、「iphoneでAppleアカウントにチャージする方法」で解説しています。

気になる人は、上記リンクから飛んでご覧くださいね!

参照:Apple公式|App Store

iTunes Storeでデジタルコンテンツ購入

アップルギフトカードは、iTunes Storeでデジタルコンテンツを購入する際にも利用できます。

iTunes Storeでは、音楽、映画、テレビ番組、ポッドキャストなど、さまざまなコンテンツの購入やレンタルが可能です。

わざわざTSUTAYAに映画を借りに行くのが面倒な方には、オンラインで完結するiTunes Storeはおすすめですね!

アップルギフトカードを使えば、このようなデジタルコンテンツをクレジットカードを使わず、気軽に購入できます。

参照:Apple公式|iTunes Store

Apple Booksで書籍購入

アップルギフトカードは、Apple Booksで書籍の購入に利用できます。

Apple Booksでは、最新のベストセラーや話題の本を手軽に購入できます。

すべて電子書籍なので、場所を取らずに多くの本を保管できるのがメリットです。

またオーディオブック(書籍を読み上げてくれる本)も販売しているため、忙しい人にもおすすめです。

このような電子書籍やオーディオブックの購入にもアップルギフトカードを使えます。

参照:Apple公式|Apple Books

Apple Musicのサブスク料金を支払う

アップルギフトカードは、Apple Musicのサブスクリプション料金の支払いに利用できます。

Apple Musicは、数千万曲以上の音楽をストリーミングで楽しめるサービスです。

Apple Musicでは、最新のヒット曲やクラシック音楽、インディーズバンドの曲まで幅広い音楽が揃っています。

さらに、オフライン再生も可能なため、データ通信量を気にせずに音楽を楽しめます。

アップルギフトカードは、このようなApple Musicのサブスク料金の支払いに使用できます。

参照:Apple公式|Apple Music

Apple TV+のサブスク料金を支払う

アップルギフトカードは、Apple TV+のサブスクリプション料金の支払いに利用できます。

Apple TV+は、独自のオリジナル番組や映画を提供するストリーミングサービスです。

ダウンロード機能を利用すれば、オフラインでもコンテンツを楽しめます。

Apple TV+のコンテンツは、家族全員で楽しめるものが多いです。

また「ファミリー共有機能」を使えば、家族全員がそれぞれのデバイスで視聴できます。
(最大6人の家族と共有できます)

アップルギフトカードは、このようなApple TV+のサブスク料金の支払いに使用できます。

参照:Apple公式|Apple TV+

Apple Arcadeのサブスク料金を支払う

アップルギフトカードは、Apple Arcadeのサブスクリプション料金の支払いに利用できます。

Apple Arcadeは、広告なしで高品質なゲームを楽しめます。

アクションゲームやパズルゲーム、アドベンチャーゲームなど、200以上のゲームが遊び放題になります。

またApple Arcadeのゲームは原則、アプリ内課金が不要です。

そのため、サブスク料金の支払い以外に課金する必要がありません。

また、オフラインでもプレイ可能なため、データ通信量を気にせずに遊べます。

アップルギフトカードは、このようなApple Arcadeのサブスク料金の支払いに使用できます。

参照:Apple公式|Apple Arcade

iTunes Matchのサブスク料金を支払う

アップルギフトカードは、iTunes Matchのサブスクリプション料金の支払いに利用できます。

iTunes Matchは、音楽をクラウドに保存し、どのデバイスからでもアクセスできるサービスです。

たとえば、iTunes Storeで買った曲やCDから取り込んだ曲など、お気に入りの音楽をクラウドに保存できます。

クラウドに保存するため、iPhoneなどの端末の容量を節約できます。

またデバイス間での音楽の同期が簡単にでき、いつでもどこでもお気に入りの音楽を楽しめます。

アップルギフトカードは、このようなiTunes Matchのサブスク料金の支払いに使用できます。

参照:Apple公式|iTunes Match

iCloud+の有料プランの料金を支払う

アップルギフトカードは、iCloud+の有料プランの料金の支払いに利用できます。

iCloud+はAppleのクラウドサービスで、写真やファイルのバックアップなどが可能です。

無料プランだと5GBしか使用できず、すぐに使い切ってしまう方も多いでしょう。

iCloud+の有料プランを契約すれば、ストレージ容量を増やせます。

有料プランは、以下の5つです。

有料プラン
  • 50GB(130円/月)
  • 200GB(400円/月)
  • 2TB(1,300円/月)
  • 6TB(3,900円/月)
  • 12TB(7,900円/月)

またiCloud+の有料プランには、最大5人の家族とストレージを共有できる機能があります。

たとえば、月400円払えば家族みんなのデータ合計が200GBまでデータを保存できます。

アップルギフトカードは、このようなiCloud+の有料プランの料金の支払いに使用できます。

参照:Apple公式|iCloud+

LINEでスタンプを購入

アップルギフトカードは、LINEでスタンプを購入する際に利用できます。

アップルギフトカードでLINE内で使える「LINEコイン」の購入ができます。

このLINEコインは、スタンプや着せ替えなどの購入に使えます。

LINEでは、さまざまなキャラクターやテーマのスタンプが提供されています。

また、期間限定やコラボレーションスタンプも多く、スタンプを集める楽しみもあります。

スタンプの購入は、LINEアプリ内で簡単に行えます。

アップルギフトカードは、このようなLINEスタンプの購入に使用できます。

参照:LINE STORE

知人にプレゼント

アップルギフトカードは、知人へのプレゼントとしても最適です。

Apple製品やサービスを利用している人には喜ばれるギフトとなります。

ギフトカードは相手が自由に使えるため、プレゼント選びに悩むこともありません。

ただし、AppleIDへチャージすると相手にプレゼントできないので注意です。

チャージする前にギフトとしてメールで送るか、直接アップルギフトカードを手渡せば問題ありません。

アップルギフトカードは、このように知人へのプレゼントにも最適です。

参照:Apple公式|Apple Gift Card

iphoneでAppleアカウントにチャージする方法

本章では、iphoneでAppleアカウントにチャージする方法を紹介します。

チャージの手順は、以下のとおりです。

チャージの手順
  1. アップルギフトカードの16 桁のコードを確認
    アップルギフトカードのコード
  2. iPhoneで「App Store」のアプリを開く
    コンビニで購入した場合のチャージ方法1
  3. 右上のアイコンをタップ。
    コンビニで購入した場合のチャージ方法2
  4. 「ギフトカードまたはコードを使う」をタップ
    コンビニで購入した場合のチャージ方法3
  5. 「カメラで読み取る」をタップ
    コンビニで購入した場合のチャージ方法4
  6. iPhoneのカメラで映すと自動的にスキャンされる
    コンビニで購入した場合のチャージ方法5
  7. スキャンが完了したら「コードを使う」をタップ
    コンビニで購入した場合のチャージ方法6

以上でチャージが完了します。

手順に沿えば簡単だよ!

チャージしたアップルギフトカードの使い方

本章では、チャージしたアップルギフトカードの使い方を解説します。

以下の3つの使い方を解説します。

Apple製品の購入

AppleStoreでiPhoneやiPadなどのApple製品の購入にアップルギフトカードが使えます。

Apple製品の購入手順
(クリックで表示)
  1. AppleStoreオンライン(アプリ)を開く
  2. 欲しい商品を選択して「バッグに追加」する
  3. バッグから「注文手続きへ」
  4. 支払方法の「Apple アカウントの残高で支払う」の金額を確認
  5. 「適用する金額」を確認して「適用」
  6. ひみつの質問を入力
  7. 注文を確定する

デジタルコンテンツの購入

アプリ・音楽・映画・電子書籍の購入やサブスクの支払いにアップルギフトカードが使えます。

デジタルコンテンツの購入手順
(クリックで表示)
  1. iPhoneから各アプリ(AppStoreなど)を開く
  2. 欲しい商品やサービスを選択
  3. 「支払い」画面が表示される
  4. 指定の方法で認証して購入

LINEスタンプの購入

LINEスタンプの購入支払いにアップルギフトカードが使えます。

LINEスタンプの購入
(クリックで表示)
  1. LINEアプリを開く
  2. 「ホーム」をタップ
  3. サービスの中から「スタンプ」をタップ
  4. 「コインが不足しています。チャージしますか?」と表示
  5. 上記表示に「OK」をタップ
  6. コインの購入画面が表示される
  7. 20~3,300コインのうちから欲しい金額を選択
  8. 支払い画面でFace ID認証かパスワード入力
  9. 「この商品を購入しますか?」と表示
  10. 上記表示に「OK」をタップすれば完了

使い道がないなら現金化がおすすめ

アップルギフトカードの使い道がないなら、現金化がおすすめです。

ただし、現金化にはいくつか方法があります。

本章では、以下の現金化の方法を解説します。

それでは、詳しく解説します。

現金化の方法|買取サイト

買取サイトでAppleギフトカードを買い取ってもらう方法です。

買取サイトでは、Appleギフトカードだけでなく、さまざまなギフト券の買取を行っています。

現金化の方法の中でも、買取サイトがおすすめです!

なぜなら、換金率が高く、24時間いつでも申し込み可能だからです。

メリット
  • 換金率が高い
  • 24時間申し込み可能
  • 入金までがスムーズ
デメリット
  • サイトによって換金率が違う
  • 買取不可のギフト券がある

ただし、買取サイトによって換金率が83%~90%とばらつきがある点がデメリットです。

そのため、手数料や換金率UPの条件などを見定める必要があります。

また買取サイトによっては、買取不可のギフトカードがあります。

「わざわざAppleギフトカードの買取可能なサイトを探すのは面倒だな・・・」

そんな方は、下記記事をご覧ください。
【関連記事】
Appleギフトカード買取おすすめランキング50社【2024年7月最新版】

現金化の方法|店頭買取

金券ショップなどの実店舗に直接Appleギフトカードを持ち込み、現金化する方法です。

メリットは、即座に現金が手に入る点です。

また対面でやりとりができるので、不明点があれば相談がしやすいのも特徴です。

メリット
  • 即座に換金できる
  • 相談がしやすい
デメリット
  • お店に行く手間がある
  • 換金率が低い
  • 買取不可のギフト券がある

デメリットとしては、お店に足を運ぶ必要があり、面倒なことです。

そして、Appleギフトカードの買取をしている店舗はかなり少ないため、探すのが大変です。

またAppleギフトカードの買取対応している店舗を見つけても、買取サイトに比べると換金率が低いことがほとんどです。

しかし、店舗を構えるほどうまく経営できているため、悪質な業者に当たる確率は低いでしょう。

現金化の方法|オークションサイト

Appleギフトカードは、ヤフオクなどのオークションサイトで現金化できます。

オークションサイトでは、スタートの価格は低いですが、入札価格によっては高額で落札される可能性があります。

また、オークションへの出品はインターネットで可能なため、自宅で出品できるのも魅力です。

メリット
  • 高額な買取りの可能性がある
  • 自宅で出品できる
デメリット
  • 手数料がかかる
  • 現金化に時間がかかる
  • 落札者とトラブルになる

ただし、上記のようなデメリットがあります。

オークションなので、出品してから落札まで時間がかかります。

そのため、すぐに現金化したい方には向かないでしょう。

また個人間の取引になるので、「対応が遅い・・・」などのクレームに発展する可能性があります。

トラブルにならないように、「梱包や発送」「落札者とのやり取り」などはしっかり対応しましょう。

現金化の方法|知人に売る

Appleギフトカードがほしい知人に売れば、Win-Winな取引ができます。

Appleギフトカードは、Apple商品の購入に使えます。

そのため、Apple商品を買う予定がある人なら、買い取ってくれる可能性があります。

知人との取引なので、換金率も自由に決められます。

近いうちにApple商品を購入する予定の知人なら、額面どおりで買い取ってくれる可能性があります。

メリット
  • 安心して取引できる
  • 自由に換金率を決められる
デメリット
  • 相手が見つからない

ただし、最大のデメリットは、「Appleギフトカードをほしい知人が見つからないこと」です。

知人に「Appleギフトカードいらない?」と聞いて回るのは、かなり疲れます。

そもそもApple商品を愛用している人が身近にいる可能性も低いですよね・・・。

Appleギフトカードがほしい人を探す手間により、時間を無駄にしてしまう点が大きなマイナスポイントです。

よくある質問

アップルギフトカードはAmazonで使えますか?

アップルギフトカードはAmazonでは使えません。
アップルギフトカードは主にiPhoneやiPadなどのApple製品の購入に使えます。

アップルギフトカードでiPhoneを購入できますか?

アップルギフトカードでiPhoneを購入できます。
購入できる場所は、Apple StoreかApple直営店です。

アップルギフトカードはコンビニで使えますか?

アップルギフトカードはコンビニで使えません。

アップルギフトカードはアップルペイにチャージできますか?

アップルギフトカードはアップルペイにチャージできません。

まとめ

本記事では、アップルギフトカードの使い道を解説しました。

今回解説した使い道は、以下のとおりです。

上記のようにアップルギフトカードは、主にApple製品・サービスの購入に使えます。

Apple製品やサービスに興味がある方は、ぜひ購入を検討してみてくださいね!

「やっぱり使い道がない・・・」

このような方は、ギフトカード買取業者である「ギフトチェンジ」にご相談ください。

「ギフトチェンジ」は、独自の販売ルートによって、業界トップ級の買取率「95.5%」(2024年7月時点)を実現しています。

▼24時間年中無休で営業しております。お気軽にご相談ください。
ギフトチェンジお申込み
【関連記事】
Appleギフトカード買取おすすめランキング50社【2024年7月最新版】