ブログ一覧

巧妙化していると噂のamazonマーケットプレイス詐欺に注意しましょう

makepresagi

amazonで1円出品や激安価格での出品を見かけたら、えっ!こんなに安いの!?と「喜ぶ」のではなく、詐欺なのかもしれないと「疑う」のが正解。いよいよ、そんな時代がきてしまったのかと驚きを隠せませんが、さっそく当ブログでも注意喚起とまいりましょう。

対策されれば、また手口が巧妙にというのが詐欺師の常套手段というもので、われわれにとって最も身近なマーケットであるamazonでも新種の詐欺が横行しています。特にamazonマーケットプレイス内に蔓延している通称「マケプレ詐欺」がその代表格です。

極端に低価格な商品には必ず警戒をしましょう

こういった新種の詐欺を撲滅させるために、amazonはマーケットプレイスへのセラー登録に関して審査のハードルを上げていると言われています。それはマケプレ詐欺のような詐欺案件が横行しているのに加え、コピー商品をあたかもオリジナル商品のように販売する業者も多くいるからです。

ユーザー側の対策としては、詐欺目的の出品者や上記のような業者がいることを常に頭に置いておき、極端に低価格な商品に対しては「このような価格での販売なんてありえない」と警戒をするしかありません。

セラーとは何か?

先述の記述にセラー登録のお話がありましたが、amazonを通じて商品を販売している業者は大きく2つに分けることができます。

1つはamazon自身のリテール部門で「この商品は、amazon.co.jp が販売、発送します」と書かれている場合がそれに当たるのですが、この場合は商品をamazonのリテール部門が仕入れ、販売しているということになります。

それ以外のもう1つをセラーと呼びます。

セラーはamazonに販売業者として登録しamazonの決済システムを利用して商品を販売する「amazonマーケットプレイス」という仕組みを用いて販売を行うことになります。セラーが販売する商品でも「お急ぎ便」が無料で使えたり「amazonプライム」に対応していたりしますので、販売ルートの部分をけばリテールとセラーは競合する間柄と言ってもよいでしょう。

ひとことでセラーと言っても、製造メーカーや輸入代理店が自社のECサイト代わりにamazonのシステムを活用しているケースや、セレクトショップの運営会社がのamazonシステムを間借りして営業しているケースなど様々ですので詐欺業者かどうかの見極めは容易ではありません。

やはり「低価格」「レアなはずの商品の在庫を多数持っている」などの「疑い」を持ちそういう業者とはやり取りをしないことがマケプレ詐欺の被害に合わないための秘訣と言えます。

1円出品などの低価格を謳った詐欺の本当の目的は何か?

続けて、在庫を持たない商品、偽者の商品を低価格にで出品するタイプの詐欺についてです。

そもそも商品自体が実態を持たないこのような詐欺の本当の目的には個人情報の収集があります。

在庫管理をamazonが行っていない場合、発送先をセラーに通知する必要があります。つまり、購入者の個人情報がセラーに渡されることになるわけです。売買契約が成立した相手がどの商品を購入したかも知っているわけで、「どのような商品を欲しがっている人物か」といった嗜好と個人情報のセットを入手できることになります。

価格の安さや商品の購買欲の方に意識が行ってしまい、簡単に個人情報を相手に伝えてしまうことが1円出品を代表とした低価格タイプ詐欺の最大の落とし穴なんです。

また、必ずしも1円~100円で出品をされているわけでなく、本来ならば高額な商品を圧倒的に低価格で販売するようなケースもありますので注意が必要です。何より大切なのは個人情報を自身でしっかり管理する意識を持つことです。

例外として

inchikitoy

例外として紹介しておきたいのが、本を1円で販売している例です。1円で古本を販売している業者は以前から存在しておりますし、1円で古本を販売すること自体に問題があるわけではありません。この例の場合は書籍をメール便(送料100~160円程度)で安価に配送できることに対して、amazonの書籍配送料が257円固定であることなどを活用し、アマゾンの販売手数料を差し引いても残る差額で利益を上げているわけですね。結果として業者も儲かりユーザー側も安価で欲しかった(探していた)バックナンバーの書籍が買えたりする訳ですのでマーケティングとしてしっかり成立します。1円の書籍はマケプレ詐欺でなく例外であると覚えておきましょう。

被害に合わない為にマケプレ詐欺の手口を知っておこう

実際に詐欺の被害に合った場合、詐欺業者はあの手この手で到着遅れを正当化してきます。

低価格で釣って購入契約をさせるものの発送する商品は存在しないため、amazonから実際に入金があるまでは、あの手この手で商品到着の遅れを正当化するメールを送り続けてきます。たとえば海外発送であることを理由に遅くなると通知しておき、ギリギリのタイミングで今度は荷物の追跡番号を送って安心させようという魂胆です。実際には荷物は送っておらず、もちろん追跡番号もデタラメです。

詐欺業者はamazonからの入金を確認した段階でセラー契約を解約してしまうわけです。ユーザーに対してはアマゾンが返金を保証するため詐欺業者に被害は及びません。本当に腹立たしい手口ですよね。

上記の取引で得た、善意の第三者の個人情報を用いて再度セラー登録を行います。こうすることで、実際に日本に在住している人の個人情報を用いて詐欺業者は何度も詐欺を働けるわけです。そこで得た新しい顧客の情報を持ってまた新たなセラーとして登録。これが繰り返されてしまった為にここまで大きな被害なってしまった訳です。

詐欺業者の目的は個人情報の収集ではないかと本ブログ中盤に記述しましたが、それ以外でまったく利益が得られないかと言うと違います。対象商品の標準価格として圧倒的に安価であったとしても、そもそも発送する商品がないので、振り込まれた売り上げはまるまる詐欺業者の利益になります。書いててさらに腹が立ってきました…。

ここで問題なのは、詐欺に遭った購入者の支払分は返金が保証されるものの、個人情報の流出とそれに伴う被害に関してまったくフォローがされていなかったという点です。

もちろん、今日までにこれだけの大きな被害となりましたのでamazonでも対策が練られ注意喚起も万全であると思いますが、やはりここでもユーザー自身の意識が最大の対策です。

※このような感じで人気商品が低価格で出品されていたら要注意です

sagi_image

まとめになりますが

対策をされたらまた次の詐欺が生まれるといういたちごっこに終わりはくるのでしょうか?高価商品、低価格の商品といった問題でなくこういった被害そのものがamazon全体から無くなって欲しいと強く願います。セラー業者だけでなく、amazon買取業界からもこのような詐欺業者は撲滅していかなければなりませんね。お手本となるべく「ギフトチェンジ」は今後も真摯な姿勢で取り組んでまいります。

【amazonギフト券を現金化するなら業界トップの換金率で買取の「ギフトチェンジ」でどうぞ!】