ブログ一覧

Amazonギフト券にはおつりがでるのか?解説!

よく「Amazonギフト券はおつりとか出るのですか?」と、ご質問を頂く機会があります。

Amazonギフト券を使ってお買い物をした際に余った端数分はそのままアカウント内に残ります。

これを「おつり」と捉えるのであれば答えは「イエス」となるでしょう。

しかし現金で戻ってくる訳ではないのでその後の使い方・使い切る為の方法などを解説していきたいと思います。

Amazonギフト券のおつりはアカウントに残る

JCBギフトカードなどのクレジットカード会社が発行している商品券などに関しては商品購入時の使用の際はおつりがでません。

したがって、商品券の額面以上の商品を購入するというような工夫をしないと損をしてしまいます。

ではAmazonギフト券はどうでしょうか?

1,000円分のギフト券をアカウントにチャージした場合、残高は「1000円」となり、そのギフト券残高を使って800円の商品をアマゾンで購入したとします。

その場合は残りの200円は「おつり」としてアカウントに残り、引き続き次回以降のお買い物の際に利用する事ができます。

現金で戻ってくる訳ではなく、アカウントの残高を現金で出金するという事はできませんのでアマゾン内で使い切る必要があります。

Amazonギフト券残高の確認方法

パソコンからは1クリックで非常に簡単に残高を確認する事ができます。

トップページの上部に表示されているメニューから「ギフト券」という箇所をクリックします。

ギフト券

「ギフト券残高」から残高を確認する事ができます。

ギフト券残高

スマートフォンの場合は「Amazonショッピングアプリ」で解説します。

画面下のメニューから人形のアイコンをタップし、「Amazonギフト券」をタップ

Amazonギフト券

「ギフト券の残高」から残高を確認する事ができます。

ギフト券の残高

他にも残高を知る方法や手順はありますが、この方法が現状では1番簡単な確認方法です。

Amazonギフト券のおつりを使い切る方法

10年間の有効期限があるからといってアカウント内にギフト券残高が残ったままというのは、なんとなく落ち着かない・・・という方もいるかもしれません。

そんな時は綺麗サッパリ使い切ってしまうのが良いでしょう。

おつりとして残った分のAmazonギフト券を使い切る方法をご紹介します。

まずは自分の現在のギフト券残高を確認し、その額面以上の商品を選びます。

アマゾン商品検索

お支払い方法の設定で「ギフト券の残高を使用する」にチェックを入れた状態で、もう1つ併用する支払い方法にもチェックをいれます。

併用可能なお支払い方法は

「クレジットカード」
「Amazonポイント」
「代金引換」
「コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払い」
「携帯決済」

などがあり、購入する商品によって併用できる種類は異なります。

※amazonギフト券払いとamazonポイント払いを併用してもまだ商品代金に満たない場合は更にもう1つの支払い方法を指定する必要があります。

支払い方法の選択

「支払い方法」が併用されている事を確認します。「注文内容」の項目から自分が保有しているギフト券残高分が全て差し引かれていればOK。

後はそのまま注文を確定すればアカウント内の残高は0円になります。

Amazonギフト券を買い足して使い切る方法も

クレジットカードを持っていないし、携帯決済も使ってない・・・代金引換にすると代引き手数料が発生してしまうので出来れば利用したくない。

そんな時は足りない分のamazonギフト券を追加購入して支払いをしましょう。

一部のギフト券に関しては購入金額を1円単位で指定して購入できるので、購入したい商品代金にぴったり合わせる事ができます。

1円単位で購入できるギフト券タイプは以下のとおりです。

  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ
  • 商品券タイプ
  • ボックスタイプ
  • 封筒タイプ
  • グリーティングカードタイプ

それぞれ購入できる額面の範囲や利用できる支払い方法などが異なりますので自分に最適なものを選ぶようにしましょう。

「どうして!? 突然、Amazonギフト券が買えなくなった!!」 Amazonギフト券...

※コンビニなどの店舗で販売されている「カードタイプ」にも1円単位で指定して購入できる「バリアブルタイプ」があります。

Amazonギフト券のおつりの使い道

せっかく使うのであれば、おつりまで有意義に使いたいものです。

amazonギフト券はアマゾンでの商品購入に使用する以外にも使い道があります。

アマゾンプライムの会員費に使用する

アマゾンが提供している有料サービス「アマゾンプライム」の会費の支払いにamazonギフト券が使用できます。

プランは2種類あり、「4,900円の年間プラン」と「500円の月額プラン」から選ぶことができます。

しかし、Amazonギフト券にてプライム会員の登録をする際は30日の無料体験が付きません。

なので登録の際はクレジットカードもしくはキャリア決済で行い、後から支払いをギフト券に変更するのがおすすめです。

「アカウント&リスト」からアカウントサービスを開き、「プライム」を選択します。

アカウントサービス

「支払い方法を変更」をクリックすると現在のお支払い方法が表示されますので、「支払い方法を変更する」を選択。

支払い方法を変更する

「ギフト券またはギフト券残高を使用。 残高が残る場合は、今後の支払いに自動的に使用されます。」にチェックをいれて「続行」

ギフト券またはギフト券残高を使用

以上で完了です。

次回の会費の支払時にギフト券残高が足りない場合は最初に登録したクレジットカードまたは携帯キャリア決済から支払われてしまいます。

クレジットカードや携帯キャリア決済での支払いをしたくない場合は「アカウントサービス」から「お客様の支払い方法」を開き、アカウントに登録してあるお支払情報を削除する事で阻止する事ができます。

お客様の支払い方法

しかし、次回のお買い物時にクレジットカードや携帯決済を利用すると再度お支払い方法に登録されてしまうので日常的にアマゾンでクレジットカードや携帯携帯を利用するという場合にはあまり有効ではない方法です。

Amazon Payで使用する

Amazon Pay払いに対応しているショッピングサイトでは、アマゾンアカウントを利用してお買いものができますのでサイトごとに会員登録が必要な場合でも「アマゾンアカウント情報」にて利用が可能です。

その際に商品の発送先の住所やお支払い方法などもアマゾンに登録されている情報から引き継ぐ事ができるので入力の手間が省けて便利です。

そんなAmazon Payでの支払い方法はクレジットカードとamazonギフト券から選択する事ができます。

これにより実質、アマゾン以外でもamazonギフト券を使う事ができるのです。

お支払い方法にクレジットカードとamazonギフト券の両方を選択している場合はギフト券が優先的に使用され、足りない場合は残りをクレジットカードで支払うという形になります。

Amazonギフト券のおつりにも有効期限がある

購入した日から数えて10年間有効なAmazonギフト券ですが、自分のアカウントに登録した後も有効期限はそのまま適用されます。

そして、ギフト券での商品購入時におつりとして余った残高に関しても引き続き有効期限がありますので注意しましょう。

複数のギフト券をアカウント残高にチャージしている場合、有効期限の短い方から優先的に使用されます。

1つのアカウントにチャージ額はまとめられますが、有効期限はまとめられないという事を頭にいれておきましょう。

ギフト券ごとの有効期限は「アカウントサービス」から「残高の確認・ギフト券の登録」のページから確認する事ができます。

有効期限ごとのAmazonギフト券残高

※スマホの場合はショッピングアプリから画面下部の「メニュー」>「アカウントサービス」>「ギフト券の残高の確認」から見られます。

Amazonギフト券のお釣りは買取サイトで現金化NG

おつりとしてアカウントに残ったamazonギフト券残高は買取サイトでは買取する事はできません。

※買取サイトとは電子ギフト券の買取専門店(サイト)の事です。

理由としては、買取サイトが買取を実施しているのはアカウントに登録されていない「未使用」のものに限るからです。

このような理由から、チャージタイプのように「購入後すぐにアカウントに自動登録される」タイプのギフト券は未使用であっても買取は不可となっています。

どうにかして残高を現金化したいという場合は、何かしら換金性の高い商品を購入して売却するという方法になるかと思います。

※ただし、ギフト券残高を使ってamazonギフト券の購入はできません。

ゲーム・家電・時計・カメラ・アクセサリーなどの中から購入して買取店に持っていきましょう。

ヤフオク!やメルカリなどで自分で出品するのも良いでしょう。

現金化って違法なの!? これは皆さんにとってとても気になる部分ではないでしょうか? ...

Amazonギフト券にはお釣りがでるのか?まとめ

使いきれなかったAmazonギフト券は「おつり」としてアカウントにそのまま残りますので、次回のショッピングにお使いいただけます。

アカウント内の残高を余らせずに使い切りたいという場合は「ギフト券よりも高い商品を購入して他の支払方法と併用する」という方法をとりましょう。

既にアカウント内に残っている残高を使い切りたい場合は次回購入する商品金額にぴったり合わせるように1円単位で購入できるAmazonギフト券を追加でチャージして使うか、もしくは先ほど同様に残高より高い商品購入の際に「ギフト券残高を全て使う」と「他の支払方法」の併用をする事で使い切る事ができます。