ブログ一覧

amazonギフト券の基礎知識

皆さんはamazonギフト券と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
amazonで使える商品券を思い浮かべる人や、ギフトとあるように他の人にあげることができる券など、人によって色々と思い浮かべると思います。

amazonギフト券が何かを知っている人には当たり前のようにどんな券なのか分かると思いますが、知らない人にとっては何に使うのかよく分からないものです。

本日は、基礎知識として、何に使うのかや購入方法、amazonギフト券の種類などを簡単にご説明します。

何に使えるの?

まず1番最初に、amazonギフト券とはどういったことに使えるのか説明します。

amazonギフト券とは、アマゾンの中で買い物した時に支払いで使える商品券みたいなものです。
自分のamazonアカウントがあれば、それにamazonギフト券の値段分をチャージして支払いに使うことができます。
分かりやすく他に例えると、モバコインカードみたいな感じです。
カード分の金額をチャージすることができます。

amazonギフト券という名前のせいか、誰かにプレゼントする券みたいに思っている人がいるかもしれません。
もちろんメインは誰かにギフトとして贈る最適なプレゼントなのですが、プレゼントであげるだけでなくamazonギフト券は自分でも使うことができます。
クレジットカード以上に便利なのでぜひ有効活用してみて下さい。

どこで買えるの?

買える場所ですが、主にアマゾン公式サイト内で買うことができる「オンラインタイプ」と、各コンビニで買う「リアルタイプ」の2種類があります。

購入方法に2つの方法がありますが、その中で更にいくつかに分かれているので、それをまとめてみました。

「オンラインタイプ」

①デジタルタイプ

オンラインで購入するデジタルタイプのamazonギフト券は購入してからすぐ使えるタイプです。

このデジタルタイプには3種類あります。

1.Eメールタイプ
指定のメールアドレスにamazonギフト券のコードを贈るタイプ

2.印刷タイプ
プリンターで印刷するのタイプ

3.チャージタイプ
amazonアカウントにすぐにチャージするタイプ

②配送タイプ

アマゾンで購入後、amazonギフト券が実際にモノが自宅に送られてくるタイプ。
配送タイプにも4種類があります。

1.ボックスタイプ
amazonギフト券を箱(ボックス)に入れて送ることができるタイプ。
何種類かの箱が選べる、贈り物向け。

2.グリーティングタイプ
そのままグリーティングとamazonギフト券が一緒になったタイプ。

3.封筒タイプ
封筒にamazonギフト券が入っているタイプ

4.マルチパックタイプ
amazonギフト券が10枚入っているタイプ

どちらかというと配送タイプは、全てプレゼント向けの様に感じます。
逆にデジタルタイプは、自分が使う用として最適ではないでしょうか。

「コンビニで買うタイプ」

①カードタイプ

コンビニになどで販売しているプラスチックカードを店頭で購入するタイプ。

②シートタイプ

コンビニ内の端末機でamazonギフト券のコードが書かれているシートを発券して買うタイプ。

どちらもレジでお金を払って購入します。
カードは3,000円〜50,000を、 シートタイプは2,000円〜25,000を購入することができます。

コンビニでは1,500円以下の購入ができないので注意が必要です。

以上がamazonギフト券の簡単な基礎知識です。

簡単にまとめると以下の通りです。

  • アマゾンでクレジットカード代わりで使える。
  • プレゼントに最適。
  • 自分でも使える。
  • ネットで買える。
  • コンビニでも帰る。

もし興味があれば、是非一度amazonギフト券を使ってみてはいかがでしょうか。