ブログ一覧

ついにお寿司の配送まで!?取扱商品拡大中のamazonプライムナウのすべて

すでにご利用されている方もいると思いますが、アマゾンジャパンがamazonプライム会員向けの即時配達サービス「プライムナウ」を拡充してから、早くも1ヶ月が経とうとしています。ドラッグストアのココカラファイン、マツモトキヨシ、百貨店の三越日本橋本店と提携したのは有名なお話ですが、三越日本橋本店の取り扱い商品に寿司などの惣菜、生鮮食品も含まれるというニュースには正直なお話ドギモを抜かれました…(汗)

これらの提携店で扱う商品もプライムナウの対象にしたことで、化粧品やサプリメント、惣菜、和洋菓子など約1万1000点が追加され、都内対象エリアにおけるプライムナウの取り扱い商品はなんと最大7万点以上となったそうです。通常のamazonマーケットの品揃えに加えて提携店の商品をさらに7万点以上とは、いやはやビックリですね!

プライムナウはどんなサービスなのか

プライムナウは、専用のスマートフォンアプリで税込み2500円以上の注文をすると、注文から1時間以内(1時間以内配送)、または2時間単位(2時間便)で指定した配達時間に商品を届けてくれるサービスです。現在は、東京都、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県の一部地域で利用することができます。

今回追加された提携店の配達可能エリアはこれより狭く、店舗(対象エリアはこちら)によって異なります。気になる送料ですが、これまでのプライムナウ対象商品だと1時間以内配達が890円、2時間便が無料だったのに対して、それぞれ890円、540円の送料がかかります。注文金額によっては無料になることもあるようですので、注文の前に送料の確認を必ずしておきましょう。

提携店が拡充される前のプライムナウとどう違うの?

ズバリ、従来のプライムナウと提携店が拡充されたプライムナウの違いは配送の流れです。従来のプライムナウは注文が入るとプライムナウの配達員がamazonの倉庫から会員に商品を配達していましたが、提携店の注文の場合は、プライムナウの配達員が各提携店の店頭から注文商品をピックアップし、会員に届けることになります。そのため、配達可能エリアや時間、配送料が、提携店舗の所在地や営業時間などに依存してくるわけですね。

百貨店の場合はお寿司や惣菜、ワインや日本酒、生菓子などがまとめて買えますので、ホームパーティーなどのケータリング代わりにも便利です、送料をみんなで割り勘にすればさらにお得に利用することができます。また、小さな子供の育児や家庭内で介護をされていて思うように外出ができない人の場合には提携のドラッグストアで、ベビー用品や介護用品などが買えますので、外出する負担が軽減できとても役に立っているそうです。送料分の満足がしっかりとある点もプライムナウの魅力と言えるでしょう。

配達可能エリアは今後どんどん拡大していくのか?

これまでamazonでは、自社倉庫から発送する商品だけをプライムナウの対象にしていましたが、プライムナウでは会員宅まで短時間で届けるというサービスの性質上、会員の住居に近いエリアすなわち都市部に倉庫を置く必要があります。ですが、あらかじめ取り扱う品物を限定した各種店舗と提携することで、現状の倉庫のまま取り扱い商品数を増やせるというメリットがamazonにはあります。

また、amazonにとって、各種店舗との提携はプライムナウの取り扱い商品を拡大するだけでなく、提携企業の配送やマーケティング支援に乗り出すという側面もあります。従来型のプライムナウでは、amazonが商品の調達、在庫管理、受注、梱包、配送までを一括で行っていました。これに対し、提携店の商品の場合は、調達、在庫管理は各店が行い、amazonが担うのは受注、配送だけ。提携店にとってみれば、自社で物流システムを用意することなく、配達型の販売ができるのがメリットなので双方にとって良いサービスなのです。配送の為の物流システムの販路が拡がればおのずとエリアも拡大していくこと間違いありません。

しいていうならば、amazonを利用せずとも新鮮な生鮮品が手に入るエリアでその需要があるのか?などといった面もありますが、ドラッグストアとしての用途のみでも十分に活躍の余地はあります。また、amazonに限らず遠出が困難なお年寄りの為にスーパーマーケットが移動販売車で出向くなどのサービスも地方では多く見受けられますので、活躍の場が更に拡がる可能性は大いにあるでしょう。

【amazonギフト券を現金化するなら業界トップの換金率で買取の「ギフトチェンジ」でどうぞ!】