ブログ一覧

amazonギフト券を現金化する際になぜ身分証の提示が必要なのか?

amazonギフト券を現金化する際には本人確認が必須であり身分証の提示が必要不可欠です。

                   本人確認として有効な身分証(いずれか一つ)
                           運転免許証
                            保険証
                              住民基本台帳

「ギフトチェンジ」でも上記の種類の身分証の提示を必ずしていただくのですが、先日の記事でも取り扱いしましたようにamazon本体でもマケプレ詐欺などによって個人情報が悪用されている問題がある為、買取業者に個人情報を提示することに抵抗があるお客様が増えているのも当然だと思います。

なぜ本人確認が必要なのか

damezettai

amazonギフト券買取業者も金券ショップと同じように古物の売買業務となり犯罪性のある商品であった場合には持ち込んだ者を特定する必要があるからです。これはamazonギフト券買取業者だけでなくリサイクルショップや古本屋でも同様で必ず本人確認手続きが必要となります。本人確認を徹底することで犯罪性のある商品の流入を未然に防いでいるわけです。

例えばのお話ですが、コンビニで販売されているamazonギフト券を万引きし買取を依頼してきたとします。勿論その依頼者にお金が振り込まれることはまずありませんし、それだけでなくそのamazonギフト券をどのように入手したかを追求される結果となります。嘘をついて誤魔化したとしてもコンビニが被害届を出して犯人が捜査されれば、買取業者の履歴から犯人が割り出されて特定されるようになっています。当店でも悪意のあるケースでの申し込みがたびたびありますが入手ルートのあやしい依頼に関しては全てお断りしたうえで厳しく対応をさせていただいております。当「ギフトチェンジ」では犯罪性のあるamazonギフト券の買取は絶対に致しません。

身分証の提示を求められる理由は古物営業法に基づくものだけではない

大半のamazonギフト券買取業者は来店による店頭買取ではなく、オンラインでの取引となります。そのため実際に対面することはありませんのでどのような相手と取引をするのかわかりません。そこで重要になるのがこの本人確認による身分証確認なのです。

未成年によるamazonギフト券買取

amazonギフト券買取業者では未成年からの申込は受け付けておりません。古物営業法では18歳以上であれば売買することに問題はありませんが未成年は法律的にはまだ責任能力はありません。当然、未成年からの申込はお断りすることになります。

海外からのamazonギフト券買取

未成年以外に買取サービスを利用することが出来ないのは日本国内からの申込ではない方です。これは利用者の国籍ではなく日本人が海外から申し込みをした場合のことになります。なぜ海外からは利用が出来ないのかといいますと、万が一トラブルが発生した際に海外ではどうすることも出来ないからです。更に国内であれば日本の法律ですが国外では日本の法律は関係ありません。そういった理由もあり買取業者は海外からの利用をお断りしているのです。

オンラインで身分証を確認する際の方法

amazonギフト券の現金化の経験がすでにある方はご存じだと思いますが、これから取引を始められる方のためにオンラインで身分証を確認する際の方法も記載しておきます。

【1】本人確認として有効な身分証を目の前に置き携帯電話のカメラ機能で撮影します

【2】その身分証の画像をメールに添付し買い取り業者のメールアドレス宛てに送信する

たったこれだけの簡単な手続きで身分証の確認を完了することができます。とはいえ大切な身分証の取り扱いです、当店が慎重に扱うのは当然ですがお客様も慎重にお願い致します。

本人確認手続きについてのまとめ

genkinkaimage

どのamazonギフト券買取業者でも本人確認は必須です。自分の顔をあまり見せたくなという方もなかにはいると思いますが、本人確認を行わなければamazonギフト券の現金化はできません。また、amazonギフト券買取業者とお客様との信頼関係のうえで成り立っています。この本人確認は初回にだけ行われる手続きであり確認作業自体もシンプルなものですが、拒否すれば換金できませんのでそれをふまえたうえでお申し込みいただければと思います。その際には「ギフトチェンジ」とお客様の信頼関係の証として業界トップの換金率でお応えします。

【amazonギフト券を現金化するなら業界トップの換金率で買取の「ギフトチェンジ」でどうぞ!】