ブログ一覧

現金化って違法なの!?

現金化って違法なの!?

これは皆さんにとってとても気になる部分ではないでしょうか?
誰だって危険な目には合いたくないですもんね?
今回はそんな皆さんの不安を解消すべく、はたして現金化が違法なのかどうか徹底検証していきたいと思います。

現金化って?

そもそも現金化というこの言葉、皆さんはよくご存知だと思いますが具体的にどういう行為が現金化になるのか説明していきたいと思います。
ちなみに今回はクレジットカードの現金化に焦点を当てて説明していきます。

クレジットカードの現金化というのは、一言で言うと「クレジットカードのショッピング枠を現金に換える行為」です。

~クレジットカードのショッピング枠とは?~
クレジットカードのショッピング枠というのは、ショッピングで利用できる限度額のことです。
お店やネットショッピングでクレジットカードを利用する場合は全てこのショッピング枠となります。

それに対してキャッシング枠というのも存在します。
キャッシング枠というのはクレジットカード会社から直接現金を借りることで、借りた分には手数料がかかります。
尚、基本的にクレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠、二つが別々に存在している訳ではなくショッピング枠の中にキャッシング枠が含まれているので、
例えばショッピング枠30万円、キャッシング枠20万円のカードの場合、ショッピング枠で20万円使っている状態なら残りはショッピング枠10万円、キャッシング枠10万円となります。
逆にキャッシング枠を10万円使った場合の残りはショッピング枠20万円、キャッシング枠10万円となります。
ショッピング枠で30万円分使うとショッピング枠、キャッシング枠共に0円となってしまいます。

少しややこしいですがおわかりいただけましたでしょうか?
現金化というのはこのショッピング枠を利用して現金を手に入れる方法のことですね。
ショッピング枠をわざわざ現金化せずに最初からキャッシング枠で現金を手に入れればいいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、キャッシング枠を全て使用してもショッピング枠はまだ残っている訳です。
その残っているショッピング枠も現金にできないかと考えで生まれたのがショッピング枠の現金化という訳ですね。

なぜ現金化という行為が存在しているのかというと、資金のやりくりに困っている人やカードローンの申込みが面倒だという人がこの現金化を必要としているからです。
では次は実際にどうすれば現金化ができるのか紹介していきたいと思います。

どうすれば現金化できるの?

クレジットカードの現金化の方法には様々な種類がありますのでいくつか紹介させてもらいます。

新幹線チケットの現金化

まずは新幹線チケットの現金化です。
なぜ新幹線チケット?と疑問に思ったと思いますが以下が主な理由です。

  • クレジットカードで購入ができる
  •  区間や席によって希望に近い金額のものを購入することができる
  •  換金率が高い
  • チケットなので持ち運びが楽
  • 金券ショップがある地域ならどこでも現金化が可能

こうして見るとクレジットカードの現金化において新幹線チケットは最適と思えるかもしれませんね。
しかしもちろんいいことばかりではなくデメリットもあります。
しかもこれがかなり深刻なデメリットで、クレジットカード会社に現金化がバレやすいんです…。
クレジットカード会社に現金化がバレやすい理由としては、新幹線チケットの現金化があまりにも人気が出てしまいクレジットカード会社が現金化に目を光らせるようになってしまったのです。
新幹線チケットの現金化が人気になった理由の一つとして、ある漫画が関係しているとも言われています。
その漫画の中で新幹線チケットをクレジットカードで購入すれば効率良く現金化ができると紹介され、多くの人が新幹線チケットでの現金化を知ることとなりました。
こういった経緯もあり新幹線チケットの現金化は人気になったのですが、それ故にクレジットカード会社が現金化を警戒するようになってしまいました。
そもそもクレジットカード会社としてはクレジットカードの現金化は規約違反としています。
クレジットカードの現金化がバレるとどういうことになるかというと、そのカードが利用停止になってしまいます。
利用停止どころか強制退会になってしまうこともあります。
そうなってしまったら元も子もありませんね。
新幹線チケットの現金化はかなりバレやすい上に最悪のデメリットがあるのであまりオススメできる方法ではありませんね…。
では他にはどのような方法があるのでしょうか?

ブランド品の現金化

これは昔からある方法で、クレジットカードでブランド品を買いそれを買取専門店で売り現金化するという方法です。
ブランド品は高額なのでクレジットカードで購入する人も多く、クレジットカード会社もあまり警戒していません。
そう考えると新幹線のチケットよりも安全に現金化できるとお思いでしょうが、やはりそう上手くはいきません。
もちろんデメリットもあるのです。
主なデメリットとして、ブランド品の相場を読み取る必要があるということが挙げられます。
ブランド品の相場というのは日々変動する為、常に最新の情報を仕入れ高く売れる物を把握しておかないといけません。
これはブランド品に興味がない人にとって、現金化する上で少し敷居が高い行為なのではないでしょうか?
ブランド品の相場を把握するなんて普通の人はどうすればいいかわかりませんよね?
もし相場の低いブランド品を購入してしまったらかなり損をすることとなってしまいます。
それに買取専門店での売却は還元率も低く、大体70%くらいの還元率だと思っていていいでしょう。
そう考えると手軽に現金化できるものではなく還元率もあまり期待できないので、ごくごく普通の一般人には難しい現金化の方法だと言えるでしょう。

ギフト券の現金化

Amazonギフト券、iTunesカード、Google Playカードなどのギフト券をクレジットカードで購入し、それを弊社のような買取業者に買い取ってもらい現金化するという方法です。
この方法は新幹線チケットのようなリスクやブランド品のような専門的な知識を必要とせず誰でも簡単に現金化ができる為、現在の主流の方法と言えるでしょう。
ギフト券の買取業者は実際の店舗を持たず、サイトを通したネット上でのやり取りとなる業者がほとんどです。
弊社もその中の一つですね。
「ネットのみのやり取りだと心配」、「詐欺なんじゃないの?」などという不安もあるかもしれませんが、極まれに「実際に振り込まれた額がサイトに記載されている額と違う」、「ギフト券を送ったにも関わらず振込されない」などという詐欺業者が存在するくらいで、基本的には安心できると言っていいでしょう。
ただそういう詐欺業者が存在するのも事実なので、買取業者の見極めも重要なポイントです。
悪徳な業者かどうかを判断する主なポイントは以下になります。

「重要事項が明記されていない」
買取率の説明がわかりにくかったり、買取の手順に関しての説明がきちんと記載されていないサイトは要注意です。
また、電話で問い合わせした際に明確な振込金額を教えてくれないような業者にも注意が必要です。

「買取率が異様に高い」
ギフト券の買取価格の相場というのはほぼ決まっています。
その相場より遥かに高い買取率が記載されている場合は要注意です。
例えば95%で買取等と謳っている業者には注意が必要です。

「悪徳業者ランキングに載っている」
実は悪徳業者ランキングというサイトが存在します。
そのランキングに載っている業者はまず怪しんでいいでしょう。
買取業者は多数ありますし、わざわざ悪徳業者ランキングに載っている業者に頼む必要もないかと思います。

「スタッフの対応がしっかりしていない」
電話での対応を行っておらず完全にメールのみのやり取りや、電話ができたとしても対応が雑だったりしたら要注意です。
買取業者にギフト券の買取をお願いする上で、金銭が絡むことですからやはり不安な気持ちはあると思います。
電話でしっかり対応してくれる業者であれば信頼のできる業者だと思っていいでしょう。

以上を踏まえて信頼できる買取業者に買い取ってもらうようにしましょう。

現金化って違法なの?

現金化について色々と紹介してきましたが結局現金化が違法かどうか、皆さん一番気になる部分ですよね?
現金化が違法なのかどうか、一言で言うと

「違法ではない」

と言えます。
しかしクレジットカード会社の規約では全面的に禁止されています。
じゃあ違法なのでは?とお思いでしょうが違法ではない理由について説明していきたいと思います。

~なぜクレジットカード会社が現金化を禁止しているのか~
まずは、そもそもなぜクレジットカード会社が現金化を禁止しているかについてです。
クレジットカードにはキャッシング枠というお金を借りる為の機能が付いてますが、クレジットカード会社としては本来であればこの機能を使ってお金を借りて欲しい訳です。
クレジットカードのキャッシング枠というのは利用者が返済可能な額と判断できる分しか用意されていません。
ですので、クレジットカード会社としてはショッピング枠を使って現金化されると利用した額を返してくれない危険性があるのです。
このような理由からクレジットカード会社はクレジットカードの現金化を禁止しています。

まとめ

クレジットカード会社が現金化を禁止しているのならやっぱり違法なんじゃないの?とお思いでしょうが結論から言うと「法律で禁止されていない」ので違法ではありません。

結局のところ、現金化を行うことによってクレジットカード会社からカードの利用を停止させられるなどといった危険性はありますよ、ということなんです。
ですので現金化は「違法ではない」という結論に至ります。

クレジットカードの現金化を考えているのであれば以上のこと踏まえ、しっかりとした知識を持った上で実行するようにしましょう。