ブログ一覧

クレジットカードの不正使用に注意!その対策方法に徹底的に迫ります!!

20歳以上のクレジットカード保有率が8割を超えるこの時代、カードを無くしたりカード情報を盗まれて他人に不正利用されるんじゃないか・・・という不安は誰にでもありますよね?

ということで今回は日本クレジット協会の健全なる情報を元にクレジットカードについて調査していきます!

カード情報を不正入手する手口の種類

1.フィッシング
金融機関等からの正規のメールやWEBサイトを装う手口。無差別にメール等で勧誘し、WEBページのリンクをクリックすると正規サイトと個人情報の入力を促す偽装ページが表示され、消費者がクレジットカード番号や暗証番号を入力・送信して窃取されてしまう。

2.スパイウェア
パソコンに不正なソフトをインストールして窃取する手口。他のアプリケーションソフトとセットで配布され、インストール時に一括して利用条件を承諾すると、バックグラウンドで作動し、知らないうちに個人情報を作成元に送付されてしまう。

3.サーバーハッキング
WEBサーバーのデータベースを操作するプログラムに脆弱性がある場合にハッカーによりプログラムが改ざんされ、本来アクセスすることが出来ない個人情報を窃取されてしまう。

4.スキミング
磁気ストライプの情報を読み取る機器(スキマー)を使って、加盟店において、記録されているカード情報を窃取する手口。
ハンディタイプや端末に装着する機器があります。最近では無線機能により、スキマーを回収しないで情報を入手できるものや、真正カードに接触せず近づくだけで情報を取得する事ができる機器も出現してきている。

上記以外にも窃盗などカードそのものを盗むなどがあります。これらの手段でカード情報を入手し、不正利用されます。また、クレジットカードを不正に使用する際、店舗で商品を購入する場合とインターネットで購入する場合がありますが、前者ではカードそのものを偽造する必要があり作成も困難なため、最近ではカードの情報だけで使用できるインターネット取引の被害が増えてきています。

過去5年のクレジットカードの不正利用による被害額

過去5年のクレジットカードの不正利用による被害額
2012年 68.1億
2013年 78.6億
2014年 113.9億
2015年 120.0億
2016年 140.9億

このように最近の5年間で不正使用の被害はどんどん増えているんです。

不正使用への対策

クレジットカード業界での取り組み

■商品購入の際に購買者側に渡されるクレジット売上票に会員番号のフル桁、有効期限を表示しないことでカード情報の漏えいを防ぐ。

■カード決済端末にスキマー(磁気ストライプの情報を読み取る機器)を仕掛けられない構造にする。

■カード会社や加盟店のコンピュータのセキュリティを強化することにより不正アクセスを防ぐ。

上記のような、カード情報を不正使用者に入手させないための取り組みはもちろんですが、完全に防止することが不可能であるため、下記のように不正使用される水際で防止する対策もあります。

■店舗取引の際に署名をしてもらい本人確認をする。

■暗証番号を入力してもらう。

インターネット取引では署名などができないため、申込の際に送信される情報を元にチェックしています。

カード所持者としての対策

■カードの裏面にサインをする
裏面にサインがないカードを落としてしまうと、拾った人がサインして使ってしまう危険性があり、サインのないカードが使われてしまった場合、カード会員本人が支払わなければならないこともある。

■暗証番号を管理する
クレジットカードを紛失した際、暗証番号が生年月日や電話番号などの推測されやすい番号になっていると第三者に悪用されやすくなってしまう。上記の2つの他に、住所の郵便番号や4桁の同じ数字など他人に推測されやすい番号にしている場合は、クレジット会社に連絡して変更の手続きをする。

インターネット上での情報の取り扱い

不正入手の手口で挙げた『フィッシング』や、メールの添付ファイルに仕込んだウィルスによって偽の画面を開き情報を入力させるなど、様々な手口でトラップが仕掛けられています。

いつもと違う画面が出てきたり、カードの情報を入力するサイトがあったら、細心の注意を払いすぐに情報を入力しないようにすることが大切です。

カードの所持に責任を持つ

クレジットカードを他人に貸すことは会員規約によって禁止されています。
クレジットカードは、クレジット会社の審査を受けて、「クレジットカード会員」として認められた人にしか発行されません。なので、家族や友人でもカードを貸してはいけないのです。

他人に貸してトラブルなどがあった場合、カード会員契約を取り消されることもあるので注意が必要です。

amazonなどのショッピングサイトにクレジットカードを登録している方もたくさんいると思いますが、便利な半面危険と隣り合わせでもあります。
そもそも悪用しようとする人がいなければ問題ないんですが・・・
よりよいクレカ人生になるようにしていければいいと思います。

最後に、この『ギフトチェンジ』では、皆様の使用していないamazonギフト券を買取りさせていただきます。ギフト券1枚の額面が10000円以上のものであれば90%の買取を保障いたします!!
ギフト券をもらったけど使い道がない・・・
使うと思って買ったけど結局使わなかった・・・
そんな方がいましたらぜひ!当店「ギフトチェンジ」をご利用ください。

【amazonギフト券を現金化するなら業界トップの換金率で買取の「ギフトチェンジ」でどうぞ!】