ブログ一覧

amazonギフト券買取後のキャンセルについて

amazonギフト券売買契約後の返品や取り消しについて

クーリングオフや返品について

本日は、amazonギフト券買取をした後、お客様のご都合で、一度決まった売買契約をどうしても取り消したいといった場合についてご説明させて頂きます。
ギフトチェンジでは、amazonギフト券の買取率をどこよりも高くしておりますので、こうしたキャンセル希望のケースは非常に少ないのですが、ごく稀に契約後に取消しをしたいとおっしゃられるお客様もいらっしゃいます。

簡単に言えば、このようなギフト券の売買契約の取消は基本的には不可です。
しかし、法的には契約から8日以内がクーリングオフの適用期間となりますので、矛盾しているように感じると思いますが、契約の種類によって適用されるかどうかの基準が変わるのです。
ギフトチェンジには古物商に対するクーリングオフ制度が適用されます。
これは例えば、訪問や出張買取りなどケースであった場合、貴金属や宝石、ブランド品などであれば、売ってしまった後でも、やっぱり売りたくないとクーリングオフを主張すれば、その契約はクーリングオフ対象となりますので、返金すれば商品は返ってきます。
このように対象が貴金属や宝石、ブランド品であれば可能となります。

しかし、当店での売買契約は訪問買取でもなく、出張買取でもありません、またギフト券の売買となると商品の性質上、クーリングオフ適用外となります。

また、当店としましてもamazonギフト券買取後、早い段階でそのギフト券を処理し売上を立てます。
すなわち買取ったamazonギフト券は第三者に売り渡す事になるのです。
そうなると、また違った規制法の範囲内で契約の取り消しを求めるやり取りをしなければなりません。

それでは一度売ってしまったら、絶対に取り消せないの?

本来は、こうしたように法的にも契約の取り消しは不可ですが、例えば契約後すぐに、やはり気が変わって売りたくないと言った場合や、その日のうちになど早い段階で取消をお求めであれば、ギフトチェンジでは返品や契約の取り消しに応じさせて頂きます。
お客様とお互いが納得した状態で、しっかりした売買契約をしたいと考えるギフトチェンジの姿勢です。

ギフトチェンジでは一度買取った商品は何が何でも戻さないなんて営業スタイルは取っておりません。
お客様との信頼関係の中で運営をさせて頂いておりますので、どうかご安心下さい。

また、例えば即日中の取り消しでなくても、どうしてもやむを得ない事情によりキャンセルなどをしたい場合は、どうぞ一度スタッフまでご相談下さい。
出来る限りお客様の立場になって、対応させて頂きます。
※万一、文中に法的誤りがあった場合は、大変お手数ですがその旨お伝え頂ければ訂正対応させて頂きます。