ブログ一覧

ギフト券購入の際の注意点

amazonでのショッピングにとても便利なamazonギフト券ですが、イマイチ使い方が分からない、購入方法が分からないと思っている人も多いのではないでしょうか。
amazonギフト券はクレジットカードを利用して購入することができますが、幾つかの注意点があります。

■クレジットカードで購入できるamazonギフト券について

amazonギフト券を購入する時に、コンビニに置いてあるのを見かける人もいるでしょう。

確かにコンビニでもamazonギフト券は購入できますが、その場合レジで現金支払いになります。

そして現金で購入できるカードタイプやシートタイプのamazonギフト券はよりも使い勝手の良いEメールタイプは、クレジットカードでしか購入できません。

Eメールタイプのamazonギフト券は、プレゼントとして人に贈ったり、いざと言う時に高い買取率で売却できることから人気が高いのです。ギフトチェンジなら90%以上確定で買取可能です。

クレジットカードでamazonギフト券を購入したらカード会社から利用停止になるのでは、と心配する人もいますが、上記により問題はありません。

但し、買取目的で多数のamazonギフト券を購入すると、カード会社から目を付けられてしまう恐れがあるので注意しましょう。

amazonギフト券を購入できるクレジットカードは「MasterCard・VISA・JCB・American Express・Diners Club
」の5つとなります。
中でもMasterCardはamazon発行のクレジットカードですので安心と言えます。

カードのポイントもちゃんとつきますので、現金で購入するよりはお得なのです。

もちろんamazonでショッピングをした時に、amazonギフト券とクレジットカードを併用しての支払いも可能です。
例えば1万円の商品を購入する際に、amazonギフト券で5千円を支払い、クレジットカードで5千円を支払うということもできるのです。

■1枚ずつ購入するのがコツ

amazonギフト券をクレジットカードで購入する際に注意する点として、あまりに高額決済をすると、カード会社の審査にひっかかる可能性があります。

なるべく少額で決済する様にしましょう。
もしも10万円分のamazonギフト券を購入したいと思ったら、1万円のカードを10枚購入するのがコツです。

クレジットカードで決済する際には、amazonアカウントとの情報との照会があります。

この時に情報が一致していないと確認の連絡が来たりして、時間がかかってしまうことがあるのです。
基本項目として「名前・住所・電話番号・クレジットカードの番号・名義人・有効期限」は必須条件です。

たまに住所変更をしていなかったり、有効期限を確認するのを忘れている人がいるのですが、スムーズにamazonギフト券を購入する為にクリアしておきましょう。

特にメールアドレスが必要となる場合には、そのアドレス宛に番号が通知されるので、間違えない様にすることが大切です。

amazonギフト券はクレジットカードで購入すれば、早くしかも確実にショッピングができます。
但し当たり前のことですが、クレジットカードの利用限度額をオーバーしない様にしましょう。

余ったギフト券の買取はギフトチェンジまでご相談下さい。