ブログ一覧

Amazonプライムデー2017にまつわる今年の出来事や動向を総括!!

Amazonが開催する年に一度のスーパー大特価セール・・・それが

“Amazonプライムデー”

あらゆる商品が特別価格で手に入るという事で、ずっとこの日を心待ちにしていた人も多いのではないでしょうか?実際プライムデー当日はその賑わいから様々な出来事が起こりました。そんな年に一度のお祭り“Amazonプライムデー”を振り返ってみようと思います。

今回、残念ながら機会を逃してしまった&Amazonプライムデーの存在を今更知ったという方もこの記事を参考にして次回の開催に向けての知識として押さえておいて下さいね!

アマゾンプライムデーとは?

年に一度だけ開催されるAmazonプライムデーでは、Amazonプライム会員に対してAmazon内にある各種商品が特別価格で販売されます。(プライム会員の初回登録30日の無料期間中でもプライムデーに参加する事は可能です!)

Amazonプライムデーはよくありがちな在庫処分の為の割引ではなく今現在とても人気のある商品なども対象商品としてずらーっと出品されます。その割引率は通常では絶対に考えられないほど値下げされているので、そういった点が話題となり2014年から毎年開催され好評を博しています。

2014年にプライムデーの第一回目が開催されてから今年は中国やインド、メキシコでも初めて開催し、13カ国、10数万点のアイテムが数十%オフのセールとなる。世界規模のお祭りに発展しています。

これまでは、プライムデーと言うくらいなのでセール期間は24時間だったのですが、2017年の今年からは更に6時間延びて30時間になりました!いかにこのプライムデーが支持されているかがうかがい知れますね!

セールの種類は全部で3パターンあり、以下のようなものになります

・Prime Day 特選セール:人気商品が割引販売
・Prime Day 数量限定タイムセール:5分毎に数量限定で割引商品が販売
・Prime Day 限定キャンペーン:レジで割引やポイントキャンペーン

ただ商品が割引になるだけでなく、5分ごとに新しい割引商品が出てくるとなれば一刻たりともパソコン画面から目が離せませんね!(笑)特にラスト1時間にタイムセールが開催される事が多いみたいなので狙い目と言えますね。
単純な割引商品だけでなく、特別ポイントがつく商品も参考にする事でよりお得に買い物が出来るのがプライムデーの最も楽しい所の1つと言えるでしょう。

過去最高の売り上げを記録した今年のプライムデー

ロイターによると、今回のプライムデーは過去最大の売り上げを記録しそうだという発表をした。
実際にアマゾンの声明を見ると、「Echo」ファミリーの受注台数が昨年のプライムデーに比べ3倍超になっているという事だ。

Amazon Echoとは

Amazon Echoとは2014年発売された音声を認識する人工知能内蔵スピーカーの事である。360°どこからでも音を聞き取り、現在の時刻や天気を教えてくれたり、照明や空調のオンオフ、そしてなんとピザの注文も出来てしまうという端末で今アメリカで爆発的ヒットをしているスピーカーだ。

勿論、音楽を聴くためのスピーカーとしても指向性を気にせず楽しめますし、再生や送りなども声で自在に操作する事が可能というなんとも未来的なデバイスなのだ。

今後、日本でも普及する可能性のあるAmazon Echoを動画で紹介したものがあるので、今のうちにチェックしておきたい。

どうですか?何だか見てるだけでワクワクしてくるようなマシンですね!Amazon Echoの今後の動向にも注目していきましょう!

では、プライムデーに話を戻しましょう。

サードパーティーの増加が発展の後押し

プライムデーの売り上げ増加の理由として他に考えられるのは、サードパーティー(出品者)の販売点数が前年の同じ時間枠と比べ50%超上回っているという事ではないでしょうか。Amazonへの出品というスタイルが年々認知され、そして利用されてきているという何よりの証拠だと思います。

Amazonがプライムデーを開催する理由


他には類を見ない割引率やポイント付与等の大特価が特徴のプライムデー。欲しい商品があれば絶対に勝った方が良いと言っても過言ではないくらいにお得過ぎるのですが、では何故このような出血大サービスを毎年行っているのでしょうか?それは何と言ってもAmazonプライム会員を伸ばしたいという思惑があっての事だと思います。

プライムデーを利用するには、2015年にスタートした「Amazonプライム会員」である事が必須条件になっているので、会員に登録してもらう為に破格の商品をエサとしてユーザーを引き込んでいるのです。

プライム会員は会費を支払う事でさまざまな特典を受けられるサービスです。当初は年額3900円のみのプランであったが、月額400円のプランも新たに追加するなどして顧客獲得に努めている。初回登録時には30日の無料お試しキャンペーンを実施しており、Amazon側の熱の入れようが見て取れます。

amazonプライムの詳しいサービスや概要などはオフシャルページを参考にしていただけたらと思います。

あまりの大盛況でアクセス出来ないユーザーも・・・


プライムデーが開始された直後から、一部の利用者が暫くの間Amazonのトップページにアクセス出来ず、俗にいう404エラー画面に飛ばされるという事態が頻繁に見舞われた。これに対してAmazonはアクセスが集中したことが原因だったことを明らかにした。

実際に、アクセスが出来なかったユーザーは、このような画面に出くわしたという。それがこちら・・・

このように、ポメラニアンの画像とともに「何かお探しですか? 申し訳ございません。お探しのページは見つかりませんでした。」とのテキストが映し出されている。少なくとも3時間ほどこの状態が続き、何度トライしてもAmazonのトップページにいけないのでSNSなどではちょっとした騒ぎとなった。

それ以上に、、、

「なぜポメラニアンなのか?」『犬の画像処理が雑すぎるだろう』などの予期せぬ方面でも一時的に話題となりました。。

もともとAmazonは今回のプライムデーに向けて、アクセスが急増する事を見込んで準備をしてきたようですが、それを上回る程にアクセスが集中してしまった為に今回のような事態に発展したようです。この件についてAmazonは原因究明に取り組み、来年のプライムデー開催に向けて全力で改善していくようです。

運悪くこのポメラニアン画面に見舞われた人は残念でしたが、ある意味レアと捉えるべきか?!

発送の遅延は大丈夫だったのか?!


Amazonと言えば、今年の6月下旬に多くの配送遅延が起きたことが記憶に新しいですが、今回のプライムデーの際にも同様の配送遅延などが起きるのではないかと懸念する声が上がっていました。

それに対して、Amazon代表のジャスパー・チャン社長はこのように述べている。

「配送遅延は実際に発生していたが、現在は解消した。まだスムーズになっていないところを直し、再発を防止したい」

「プライムデーの配送への対応に関しては、数カ月前からさまざまなチームの体制を整え、配送や人員について準備してきた」

このように、とにかく「プライムデーに向け、配送と人員を数カ月前から準備している」という事を何度も強調して繰り返していた事もあってか、今回のプライムデーの発想に関しての遅延というものは特に見当たらなかったという。

Amazonとしてはさすがに先月に起こった配送遅延をまた繰り返すわけにもいきませんからね、何としてでも滞りなく配送される為の対処を講じたのだと思います。しかし、それとは別件でさきほどのポメラニアン事件が起こってしまったわけですが・・・。配送とサーバーという両方のインフラの強化が今後も求められる事でしょう。

使わない人は損をする?プライムデーは年功行事になるか?!


PC・ガジェットから生活必需品・おでかけ・アウトドアまで数十万点の商品が驚愕のプライスダウンで購入できる魔法のような一日、それがプライムデー。5分ごとに新しい商品が追加されるというのも楽しいですし、一気に公開されない事で特定の人達に買い占められるといった事もなくなるので、その分チャンスは平等に与えられるというメリットもあります。

ただしかし、プライムデーに参加するにはAmazonプライム会員になっていないといけないという点だけが条件としてあるのでこの際にもう一度プライム会員について検討してみるのも良いかなと思います。そして既にプライム会員になってる人はプライムデーを利用しない手はないと言い切っても良いくらいにお得なイベントとなっていますので、今回の祭りに乗り遅れた人は次回の来年の開催を心待ちにしていましょう!

プライムデーみたいなセールは他にないの?


ご存じの方も多いかと思いますが、実はAmazonでは毎日お得なタイムセールを実施しています!こちらはプライム会員じゃなくても誰でも利用できるものなので敷居はぐんと低くなっています。商品の中にはプライム会員先行セールというものも存在しているので、やはりプライム会員の方がチャンスを掴める可能性が高くなってはいます。

Amazonのタイムセールを見るには、サイトのトップページのヘッダーメニューにある「タイムセール」と記載されている個所をクリックする事でタイムセール商品が紹介されているページを見る事が出来ます。


画面左側の赤枠で囲まれた部分で商品の種類・価格・割引の%・レビューの高さなどの条件をつけて検索する事が出来ます。なので「とにかく割引率が高い腕時計が欲しい!」といった時はメンズ腕時計の欄にチェックをして、ディスカウントの項目の部分で70% OFF 以上の個所をクリックする事で該当の商品を絞り込む事が出来ます。

商品ごとに異なる制限時間が設けられているので是非チェックしてみて下さいね!