ブログ一覧

引っ越し蕎麦はもう古い?amazonギフト券での新しい挨拶の形!


日本では、引っ越しをする前や引っ越し先のご近所さんに挨拶をする風習がありますね。その時に手ぶらというよりは『つまらないものですが・・・』と粗品を添えて挨拶に行くスタイルが主流だと思います。粗品は基本的にはタオルや洗剤などの消耗品・お菓子などの比較的高価ではないものを選ぶのが良しとされていますし、引っ越し蕎麦という言葉も多くの皆さんがご存じの事だと思います。

そんな近所のご挨拶の形が少しずつ変わりつつあります。

なんと、引っ越し時の挨拶の粗品としてamazonギフト券を贈るというスタイルが昨今、徐々に増えつつあるというのです。この“引っ越し蕎麦”ならぬ“引っ越しamazon”がインターネットを通じて密かな話題になっているという事なのですが、一体どのような事なのでしょうか?

Amazonギフト券を使った最先端の挨拶の形!?


漫画家の蒼木雅彦さんがTwitterで“引っ越しAmazon”の存在を投稿した事によって一気にその存在が知れ渡りました。彼は自身のTwitter上で「ポストに入ってたチラシを捨てようと思ったけど、よく見たら隣に引っ越してきた人がくれたアマゾンギフト番号が印刷された紙だった。あぶねー。っていうかすごい時代だな」との内容のツイートを画像と共に投稿しました。

その画像には1枚の紙が添付されており、「○○号室に引っ越してきました○○です。以後、よろしくお願いします」という文章が書かれています。この文章だけだと普通の引っ越しのご挨拶なのですが、それに加えてamazonのロゴと共にギフト番号・有効期限・金額などが記載されています。(写真で赤く塗りつぶされている個所)実際にこのギフト番号を自身のアカウントにチャージする事でお買い物が出来ます。

このなんとも新しい引っ越しの挨拶のスタイルが話題となり、Twitter上では以下のようなコメントが寄せられています。

「実用的過ぎる…」
「それで蕎麦を買えってことかな?」
「なんて最先端のご挨拶なんだ…」
「蕎麦アレルギーの人も楽しめる。(・ω・*) 」

などなど、沢山の感想が寄せられています。

Amazonギフト券を贈る際の注意点

引っ越し時の挨拶としてamazonギフト券を贈る際には、送り先の相手がamazonを利用する層なのかを判断する事が第一に注意すべき点といえるでしょう。良かれと思ってプレゼントしても、相手がamazonを利用しない&利用の仕方がわからない等の相手だとそのギフト券は無用の長物となってしまいます。

とある統計によると、amazonを1回でも利用したことがあると答えた人を年齢別に分けてみたところ、10代が69.8%、20代が60.4%、30代が60.2%、40代が54.8%、そして50代では45.6%という結果になっています。

これを見る限りでは、やはり若年層の利用率が高い事がわかりますのでamazonギフト券を挨拶代わりに送ったりプレゼントするには最適な年代かと思われます。逆に年齢層が高くなればなるほどamazonを1度も利用した事がないという人が増えて行き、そのような人にギフト券を送っても使い道がわからず最悪の場合そのままギフト券の意味もわからずに破棄されてしまう可能性も高いと言えなくもないでしょう。

年代別アンケート『amazonを1度でも利用した事がありますか?』
10代 69.8%
20代 60.4%
30代 60.2%
40代 54.8%
50代 45.6%

当店ギフトチェンジではそのような使い道のないamazonギフト券の買取も行っていますので、もし送り先の相手がamazonを利用するかどうか知る術がないといった場合は、引っ越しの挨拶の言葉に添えて『もしギフト券を利用する予定が無い場合はギフトチェンジという所で現金化も出来ますよ♪』とお伝えいただく事で相手への配慮が行き届いた素敵な挨拶となる事でしょう★

挨拶時にピッタリのギフト券のタイプは

貰って嬉しいamazonギフト券。引っ越しの挨拶にも使われ始めてる事がわかりましたが、引っ越しの挨拶なのでやはり顔を合わせてしっかりとやりたいという人もいるでしょう。その際にはやはり何かしらの粗品も手渡したい所です。その際にはギフトコードが書かれたEメールタイプというのも味気ない感じもしますし、カードタイプをそのまま渡すのも何となく変な感じがしますし、受け取る方も気を使ってしまうと思います。
amazonギフト券には様々な種類があり、お祝い事などにピッタリのものが用意されています。ボックスタイプ・グリーティングカードタイプ・封筒タイプなどがそれに該当します。詳しく見て行きましょう。

ボックスタイプ

無料のギフトボックスがプラスチック製のギフト券カードに付属するタイプ。¥ 5,000 – ¥ 50,000の範囲で設定されている金額を選んで購入します。ボックスの種類によって設定されているギフト券の金額が若干異なります。

このタイプだとギフト券がボックスに隠れているので渡す方も受け取る方も変な気遣いがなく、引っ越し時の挨拶の時にも最適なのではないでしょうか。カードと共に手書きのメッセージなどを添えても◎

グリーティングカードタイプ

無料でグリーティングカードと化粧封筒が付属。通常配送料無料。お急ぎ便なら当日・翌日お届け。金額は¥ 5,000 – ¥ 50,000とタイプによって様々です。

誕生日・クリスマス・出産祝い・お年玉などの様々なシチュエーションに使えるように沢山のバリエーションのデザインが揃っています。もちろん特定の内容を含まないバージョンもあるので多用途にお使いいただけると思います。表紙の裏側にメッセージを添えて♪

封筒タイプ

無料で封筒型の紙製ケースが付属。金額は¥ 3,000 – ¥ 50,000の間で決められた金額を選んで購入します。このタイプが一番カジュアルなタイプと言えます。そこまで親しくない間柄だったり、いかにもプレゼント用です!という感じはちょっと・・・という方には封筒タイプを選ぶのが正解。

Eメールタイプにも利点がある!

贈り物やご挨拶時、粗品として手渡す際に便利な3つのギフト券を紹介しましたが、先ほどのTwitterの件ではその何れでもなくギフトコードを記載したEメールタイプでしたね。実はEメールタイプにも利点や特徴があるのです!

その1.注文してから5分で購入できる。

先ほど紹介したボックスタイプ・グリーティングカードタイプ・封筒タイプは注文してから実際に手元に届くまでに時間がかかります。お急ぎ便などを利用すれば最短で当日~翌日にゲットする事は可能ですが、Eメールタイプはなんと注文してから最短5分でギフトコードが記載されたメールが届きます。これはEメールタイプだから可能な最大の利点と言えるでしょう!とにかく時間がない、すぐにでも相手に届けたいという場合などは非常に便利です。ギフトコードが記載されたメールが届いたら、上の画像のように紙を自分で用意してギフトコードを記入して渡すだけです。

その際に敢えて金額を書かないというのもアリだと思いますし、『気持ち程度ですがamazonギフトコードを記載しましたので、是非お使い下さい』などの説明があると相手側にも配慮があって良いかもしれませんね!
手書きでも良いかもしれませんが、コード番号が間違っていると使用できませんのでその際は相手に分かりやすく記入しましょう。

その2.金額が1円単位から金額を選べる


Eメールタイプは15円~50万円を1円単位で自由に指定できるのも大きな特徴の1つです。先ほど紹介した3タイプは大きくわけて3000円、5000円、10000円、30000円、50000円という具合に金額が予め設定されています。
Eメールタイプだと50000円以上の金額でも購入可能ですし、値段も1円単位から自分で決めて購入する事ができますので自由度が高まります。例えば送り手にちなんだ数字の金額にしたり、ラッキーセブンの7だけを揃えた金額にするなど色んな発想やアイディアが生かしてちょっと気の利いたプレゼントを演出するのも楽しいかもしれませんね♪

好みのギフト券を選んで購入しよう!

amazonギフト券を購入する際には、amazonのページの上部ヘッダー部分に『ギフト券』と記載されている個所をクリックします(写真赤枠)このヘッダー部分はamazonのサイト内であれば基本的にどのページでも表示されているので特別トップページにいかないといけないという訳ではないので、どんな時でも見つけやすくなっています。

そうしますと、ギフト券の種類が写真つきで紹介されたページが表示されますので、貴方が購入したいギフト券の種類の個所をクリックします。

今回はボックスタイプを選んでみましょう。矢印の部分に表示されているボックスタイプのギフト券の写真のあたりをクリックして商品ページに行きます。


ボックスタイプの各種類が紹介されているページが表示されました。こんなに豪華なケースが無料で付属されているなんて驚きですよね。タイプによってギフト券のデザインも凝ったものになっていたりして、どれが良いか迷ってしまいますね。とりあえず今回は赤いリボンがついてるタイプを選択してみましょう。

購入できる金額はギフト券の種類、タイプによってさまざまです。矢印の赤枠内から希望の金額をクリックして選択します。(Eメールタイプの場合は15円~50万円の間で1円単位から自分で金額を打ち込んで設定する事ができます)

金額を決定したら『カートに入れる』をクリックし、後は普段のお買い物と同じように購入を進めていきます。

まとめ

時代が変われば風習や習慣も変わっていくように、IT化が進んだ現代、パソコンやスマートフォンで買い物をする事なども一般的な常識として定着していきました。そんな中でamazonギフト券を引っ越しの挨拶時の粗品として挨拶に行くという新たな文化が始まりつつあるのかも知れません。

今後、様々なシーンでamazonギフト券が活躍する事が増えていくでしょう。もらったギフト券をそのままamazonのお買い物に使うのも良いですし、当店ギフトチェンジを利用して現金化するというのも1つの方法としてこれからも沢山のお客様にご利用していただけたらと思います!!