ブログ一覧

有効期限が延長されたamazonギフト券!おつりは現金化できるの!?

amazonギフト券のおつりについて

amazonギフト券のおつりについては以前のブログ記事でもご紹介をしましたが、有効期限が10年に延長をされて以降から「amazonギフト券のおつりはもらえるんでしょうか?」といった質問が再び増えています。amazonギフト券の「おつり」を現金でもらえるかという質問の答えはノーですが、amazonでショッピングをした際に残った「残高」を1円単位で使うことが可能です。

有効期限の延長によって残高の利用がしやすくなりました

前回にこの話題をテーマにお話した際には、amazonギフト券の券種ごとの有効期限や残高の管理に注意をお願いしますと記述をしておりましたが、すべての券種の有効期限が一律10年に延長されたことで管理に対する労力は随分シンプルなものになりました。amazonギフト券の購入日もしくは残高が残った(チャージした日)から10年といった認識のみですのでずいぶんと余裕を持った気持ちで管理ができます。

とはいえ重要な注意点は変わっておりません

変わっていないのは、amazonギフト券の有効期限が近いものから先に消化されていくという点です。有効期限が10年のamazonギフト券と有効期限が9年5ヶ月のamazonギフト券場合は後者が先に消化されます。

また、2017年4月24日以前に発行のamazonギフト券の有効期限は従来のままですので、有効期限が延長される以前のamazonギフト券をお持ちの場合にはショッピングで早めに使い切るか、amazonギフト券現金化業者でお金に替えることをおすすめします。現金化を選択されるようでしたら当店「ギフトチェンジ」にすぐにお電話を!必ず満足をいただける比率でご対応させていただきます。

<有効期限の延長前後で見るギフト券種別一覧表>

amazonギフト券種 2017年4月24日以降の発行 2017年4月23日以前の発行
Eメールタイプ 一律で発行日より10年間 発行(購入)日より1年間
シート(印刷)タイプ 発行(購入)日より3年間
カードタイプ 発行(購入)日より1年間
チャージタイプ 発行(購入)日より1年間
法人向けタイプ 発行(購入)日より2年間

amazonギフト券の残高をおつりとして現金化できない理由

百貨店やクレジットカード会社が発行している金券類の場合はおつりの有無にかかわらず金券ショップで換金をすることが可能なのですが、amazonギフト券の場合だとそれが不可能であることは当ブログの読者の方にとってはもはや定説と言ってもいいでしょう。街中にある金券ショップでamazonギフト券の買取を行っている店舗が皆無なのもご存じですよね。ここに、amazonギフト券の残高をおつりとして現金化できない理由への答えがほぼ詰まってると言ってもいいかもしれません。

なかには、当店「ギフトチェンジ」のようなamazonギフト券買取業者なら可能じゃないの?って方もいると思いますが、ひとつ重要なポイントを見逃しています。どの、amazonギフト券買取業者でも「既にamazonのアカウントにチャージされたギフト券を買取することはできない」のです。ですので、一度使用をしたamazonギフト券はショッピング用途で使うほかありません。もちろん、おつりを現金化するなんて不可能です。

このように、amazonギフト券に代表されるデジタルギフト券と通常の金券類では現金化にも大きな違いがあるのです。

デジタルギフト券と通常の金券類は具体的にどう違う?

通常の金券類は紙やカードそのもの自体にギフト券としての価値があります。これは紙幣や硬貨と同様でそのものに価値がありそれと引き換えに商品やサービスの支払いに使用することができます。その点デジタルギフト券はインターネットに接続し発行元のサイト(amazonギフト券ならamazon)のアカウントに登録することにより初めてギフト券としての利用価値が生まれる性質のものです。

人気で見れば圧倒的にデジタルギフト券が優勢です

2015年前後までは高い人気を誇っていた商品券をはじめとした金券類ですが、近年のプレゼントキャンペーンなどで欲しがられているものとしての統計ではデジタルギフト券が圧倒的な人気を誇っています。特に人気なのはamazonギフト券iTunesカードGoogle PlayカードLINEプリペイドカード楽天ポイントギフトカードなどコンビニのギフト券コーナーで必ず見かけるカードタイプのデジタルギフト券です。貰って嬉しくなるようなカードのデザインもさることながら、カードは不要の方にぴったりなメールタイプでの受け取りが出来ることも魅力のひとつです。

企業サイドとしても、配送コストがかからなくなったという点は非常に大きなメリットであるようです。デジタルギフト券はメールで送ることができるため従来、郵送していた際にかかる配送料をカットすることができます。またデータファイルで納品されるので場所も取らず、効率的に管理をすることができます。

逆に、商品券をはじめとした金券類をキャンペーンの景品として利用した際の企業サイドの不満点として、取り扱いが面倒である、配送コストがかかる、などの従来では当たり前だったことに対する不満点が高い割合を占めるようになってきました。

デジタルギフト券への人気の移り変わりによって、近年ではプレゼントキャンペーンにamazonギフト券を用いる企業が増えています。それは、ギフト券買取業者も同様でamazonギフト券、その中でも特に メールタイプが人気です。換金率にこだわるならば、間違いなくamazonギフト券のメールがおすすめです。当ホームページ内のレートページでは当日の換金率を確認することが可能ですので、是非そちらもご覧になってくださいね。

amazonギフト券の残高が不足している場合には

amazonギフト券でいうおつりに当たるのは残高であることは先に述べましたが、買い物の際にamazonギフト券の残高が不足しているような場合も時にあるかと思います。こういう場合、amazonでのショッピングを頻繁にしている方なら、程々な額面のamazonギフト券をまた購入して、追加登録をすれば大丈夫です。

他にも、amazonはあまり利用しないので、amazonギフト券の残高を使い切ってしまいたいという方もいるかと思います。実はその場合の解決方法もあるんです。それは、ユーザーが自由に額面を決めることができるamazonバリアブルカードを使う方法です。

amazonバリアブルカードなら、ユーザーが1円単位で自由に額面を決めることができるので、不足分の金額ちょうどを額面にしたバリアブルカードを購入して登録すれば、おつりを一切残さず、アカウント内のamazonギフト券残高をゼロにできます。amazonバリアブルカードは1500円から5万円までの額面しか購入できませんので、不足分が1500円未満の場合だと役に立ちません。しかし、もうひとつの方法があります。

それは、他の支払い方法を併用する方法です。意外に知られていないのですが、amazonでは、amazonギフト券と他の支払い方法を併用することができます。amazonギフト券の他にも、主な支払い方法としてクレジットカード払い、代金前払い(コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー)、代金引換(代引き手数料300円(税抜)が必要)の3つがあります。この3つの支払い方法のどれかで不足分の金額を支払えば、やはりおつりを残さず、アカウント内のamazonギフト券残高をゼロにすることができます。今回のテーマであるおつりを残すこととは少し向きが違いますが、この方法を使えばamazonギフト券残高をきれいに使いきることが可能です。

但し、amazonマーケットプレイスの一部の商品や、kindle本(電子書籍)、androidアプリ、デジタルミュージック(音楽ダウンロード)、amazonビデオ(ビデオレンタル・購入)などのデジタルコンテンツは、代金前払いや代金引換では購入できませんのでご注意を。

amazonバリアブルカードのメリット

たとえば、これまで自分で使うamazonギフト券の中ではシートタイプの2000円が購入可能な最低金額(額面)でしたが、バリアブルカードが登場してからは1500円から購入できるようになりました。また購入可能な最高金額も以前はシートタイプの25000円でしたが、バリアブルカードで50000円まで購入ができるようになりました。

また、商品購入に必要な金額にするため、複数のamazonギフト券を買って、何度も何度もスクラッチをはがし、その度にギフト券番号を入力していた方も多いと思いますが、バリアブルカードの登場で、その回数も1回、または最小限でよくなります。amazonバリアブルカードは、使い方によってはとても使いやすいamazonギフト券種であると思います。

現金化用途の場合、amazonバリアブルカードに限らず使用済みのamazonギフト券では買取が不可能ですので有効期限と共に気をつけておきましょう。有効期限内の未使用のamazonギフト券ならば「ギフトチェンジ」が高換金率で買取をします。

【amazonギフト券を現金化するなら業界トップの換金率で買取の「ギフトチェンジ」でどうぞ!】